より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

生活

グッスリ快適に眠れる!辛い睡眠不足を少しでも解消する方法

あなたは毎日グッスリと眠ることができてますか?

もし、毎日睡眠不足で悩んでいるなら原因を見つけ、早めに解決することをおすすめします。

睡眠不足の原因は人それぞれですが、睡眠不足が続く事によって様々な体の不調が引き起こされます。

僕自身も主にストレスや飲酒などが原因でいつも睡眠不足に悩まされていて、色々なグッズを試してきました。

今回は睡眠改善に特に効果があったと感じたグッズを紹介します!

毎日の睡眠不足ほど辛いものはありません。少しでも睡眠の質を改善して気持ちよく毎日を過ごしましょう!

スポンサーリンク

耳栓

睡眠不足の原因の1つに周りの騒音があります。

寝てる時の物音って1度気になるとずっと気になってしまって、なかなか眠りにつくことができなくなります。

本当は防音室でもあればいいんですが、そんな贅沢は言ってられないので、ここは耳栓でしのぎます。僕が使っていたのはこんな感じのソフトな耳栓です。

自分の耳にフィットする耳栓が見つけられればかなりの防音効果があります。

ただ、何度か目覚ましのアラームが聞こえず寝過ごした経験があります。ご注意を。

睡眠導入剤

なかなか寝付つくことができないという人は睡眠導入剤を試してみるといいでしょう。

ドリエルなんかは睡眠導入剤では有名ですよね。

睡眠導入剤を飲んだ安心感ってやっぱりあります。

「ドリエルを飲んだから今日は眠れる」みたいな気持ちになります。

ただ、体の中に入れるものは個人差がありますので、合わなければ長期間の使用はやめておいたほうがいいでしょう。

サプリ

サプリといえば、ビタミンやアミノ酸みたいなものを思い浮かべますが、睡眠不足解消の為のサプリも今はあります。

薬ではないので安心して飲めますし、睡眠に特化したハーブなどの成分が含まれているので効果が期待できます。

もちろんサプリも体に合わなかったり、効果が感じられなかったらすぐにやめてしまえばいいだけです。

おすすめのサプリはこちら

夜ぐっすり、朝スッキリ!睡眠サポートサプリ。リフレのぐっすりずむ

青汁を飲む

青汁が健康にいいのはご存知だと思いますが、青汁には睡眠の質を改善する効果も期待できるんです。

青汁に含まれるケールには睡眠を促すホルモン「メラトニン」が多く含まれています。

メラトニンの分泌量は年齢を重ねるごとに徐々に減少していきます。

朝起きるのが早くなったり、眠りが浅く感じるのはメラトニンと関わりがあります。

青汁に含まれるケールでメラトニンを増やしましょう!

とは言っても、どの青汁でもいいわけではありません。

青汁は商品によってケールが含まれているものと、含まれていない物があります。

睡眠の質を改善するには、勿論ケールが入ってる青汁を選びます。

おすすめの青汁

サンスター 粉末青汁

ほかの青汁と比べて栄養が多く含まれていて、とても飲みやすい青汁です。

そして、安心の無添加です!

11

ステラの贅沢青汁

青汁は苦手。なんとなく抵抗がある…。という人にオススメなのが、粒タイプの青汁です。

1粒で青汁の凝縮された栄養を摂ることができます。

生活習慣を見直す

昼間十分に体を動かしたり、頭を使ったりして夜にグッスリ眠れる準備を整えられていますか?

もしかして無駄にダラダラと1日を過ごしてしまってませんか?また、昼寝をしすぎてませんか?夜に眠れないからといって昼間に寝過ぎると当然夜は眠れなくなります。

食習慣は大丈夫ですか?寝る前に食べ過ぎると夜中に胃が重くなって眠れなくなります。

寝酒はしてませんか?寝付きは良くなりますが、眠りは浅くなります。ほどほどにしておきましょう。

眠れないと思ってると眠れなくなる

何日も不眠が続くと、「今日も眠れないんじゃないか?」という不安で余計に眠れなくなります。

一晩中布団の中で寝返りを打ち続けるのはかなりしんどいです。

結果、「朝が辛い」「布団から出たくない」「会社に行きたくない」「体調が悪い」など、悪いことばかりが起こります。

僕自身がそれで体調を崩しました。

寝る時間などを深く考えすぎないで、リラックスしてから布団に入りましょう。

最後に

眠れないからといって病院で処方される睡眠薬はおすすめしません。

両親が服用してましたが、睡眠薬を飲むとフラフラになって、なにもできなくなります。

それに、1度服用すると一生睡眠薬に頼る生活になるかもしれません。

口に入れる物なら今回紹介した「睡眠導入剤」「サプリメント」「青汁」にしましょう!

睡眠薬はあくまで最終手段です。

できるだけ病院には頼らないで、自分に合った解決方法を見つけてみましょう。

今回は書きませんでしたが、寝具を変えたり、アロマを使ってみるなど快適に寝る方法は他にも色々とあります。

その辺はまた次の機会に!

快適な睡眠の為には枕を変えるのがおすすめ!

-生活