より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

お酒

毎日大量の飲酒をするようになってから起こった体の変化

僕はお酒が大好きで、10年以上毎日ほとんどかかさずに酒を飲んでいます。

飲まなかった日はここ10年の間に恐らく50日もありません。

風邪を引いても酒は絶対に欠かさず飲んでいます。

良くないと分かっているんですが、最近は休みの日には昼から飲み始めることが増えました。

酒を飲み続けたことによって、結構前から自分の体に色々な異変を感じ始めてます。

スポンサーリンク

睡眠の質が悪くなった

酒を飲まなければ眠れないのはもちろん、早朝に目が覚めてしまう事が多くなりました。

1度目が覚めると胸というか胃というか、そのあたりが苦しくなり再び眠りにつく事が困難になりました。

眠りに入ろうとウトウトしてても悪夢ばかり見ます。

1度も目が覚めないでぐっすり寝る時もありますが、以前と比べてあきらかに睡眠の質が落ちました。

あまりにも眠れない時はドリエルを服用して寝てます。

朝は体調が悪い

朝起きるのがかなりつらいです。

もとから朝は苦手でしたが酒を飲むようになってからは更に苦手になりました。

体中がだるい。吐き気がする。毎朝下痢。

休みの日は迎え酒をして紛らわせたりする時もあります。

迎え酒をすれば酒を飲んでいるときは調子がいいです。

でも、迎え酒をした次の日は凄まじい体調不良をおこすので本当におすすめできません。

こんなアル中の僕ですが、自慢ではありませんが(ちょっと自慢です)会社に遅刻したことはありません。

いつも気合で出社してます!

昼間の生活にも色々と支障がある

酒くさいと言われる

仲のいい同僚に酒臭いと言われることが多くなりました。

つい深酒をしてしまうことが増えたからです。

これは社会人として絶対にやってはいけない事ですね。

お昼を過ぎても酒臭いと言われることがあるので、相当体にアルコールが残っているんでしょう。

応急処置としていつもミンティアを常に口に含んでいます。

関係ないですが、ミンティアをずっと舐めてると舌が痛くなります。

手が震えて文字が書きづらい。

アルコールが抜けてくると手が思うように動かなくなります。

常時震えているというわけではなく、文字を書いたりするときなどに指先を集中させると思うように動いてくれなくなります。

仕事にも支障がでるので、これは結構困ります。

汗がすごい出るようになった

元々20代頃まではあまり汗をかく体質ではありませんでした。

激しい運動してもほとんど汗をかくことはありませんでした。

それがここ数年はやばいです。

夏場はしたたるように汗をかきますし、冬でも手汗が大量に出ます。

酒の影響かはわかりませんが、明らかに以前よりも汗をかくようになりました。

そして、汗が心なしか臭いような…。

頭の回転が悪くなった気がする

最近急激に頭の回転が遅くなったと実感してます。年を重ねたからといってもまだ20代です。

じゃあ酒のせいですね。もうこの際、体に起こる悪いことは全て酒のせいにしてしまいます。

音に敏感になった

車のクラクションなど自分では予測できない音がなると、ビクッ!とします。

1日に何度もビクってなるのは結構ストレスです。

また、寝ててもちょっとの物音で目が覚めてしまいます。

これも酒のせいかは微妙ですが...。

見た目の変化

腹が出てきました。

内臓脂肪ですね。

そして、最近人から言われて気づいたんですが、目に黄疸が出てきて白目が黄色っぽくなりました。

間違いなく肝臓が悲鳴を上げてる証拠ですね。

また、老廃物が体に溜まっているのか、常にあちこちむくんでいます。

顔なんかいつもパンパンです。

そのせいで太ってみられることが多いです。

これも肝臓や腎臓が弱っている証拠ですね。

まとめ

以上酒を飲み続けて起こった体の変化でした。

10年間以上酒を飲み続けましたが、体にとっていいことは何もありませんでした。(肝臓さん本当にごめんなさい)

酒はいつか絶とうと考えていますが、難しいでしょうね。

せめて家では飲まないとか徹底できればいいんですが・・・。

でも酒にも感謝している部分はあります。

  • ストレス発散
  • 人間関係を円滑にできることがある

くらいですけど。

体の負担に比べたらたいした恩恵ではないですね。

追記:禁酒始めました!よかったら禁酒生活の記事も読んでみてください。

禁酒記事の一覧はこちら
 

肝臓・ウコンエキスのエキスパート!オルニチン、セサミン、L-システチン配合【ヘパリーゼZ】

 

この記事のカテゴリ一覧はこちら>> -お酒