より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

生活

パチスロ歴10年の僕がパチスロをやめた理由

僕は数年前までパチスロが好きで、よくパチンコ屋に通っていました。

でも、今はもうスロットを打つ気は全くありません。

理由は単純に勝てないからです!

今までに負けた金額の総額は200万円超えだと思います。

「なんだ、200万なんて大したことないじゃん」と思った人もいると思いますが、僕にとって200万円は大金です。

はじめからパチスロなんかやらなきゃよかった・・・。

スポンサーリンク

パチスロとの出会い

まず、僕がパチスロを始めたきっかけを書きます。

始めてパチスロを打ったのは15歳の中3の時です。

友達とゲーセンに行った時に初めて打って、友達から打ち方を教わりました。

目押し(狙ったところでリールを止める技)のコツや役の取りこぼしをしない打ち方など。

初めてBIGボーナス(大当たり)を引いた時は興奮したのを覚えています。

所詮ゲーセンのスロットではあるのですが、あの大当たりの感覚は中毒性があります。

ある日友達が「本物のスロット打ちに行かない?」と誘ってきます。

パチンコ屋に行くということですね。

さすがに迷いました。

ゲーセンでは100円で30クレジットでしたが、「本物」は1000円で50クレジットです。

当時の僕のお小遣いは1ヶ月5000円だったので、今考えると余りにも無謀な挑戦です。

なにより僕は15歳・・・。

迷った結果行くことにしました。(軍資金3000円)

パチンコ屋に入店し、当時お気に入りだった「大花火」という台に座ります。ゲーセンでの修行の成果を出す時です。

というか心臓が止まりそうなくらいドキドキでした!

年齢認証されて追い出されるのではないか...。という不安と、100円を入れるのとは訳が違う!というスリルがありました。

結果、出ちゃいました!

ビギナーズラックですね。

3000円が20000円くらいになったのを覚えています。

ここで勝たなければよかったのに・・・。

勝ってしまったことで、完全にパチスロにはまりました。

パチスロをやめた理由

そしてパチスロを辞めた理由です。

初めてパチンコ屋に行ってからは、その後も定期的に打ちに行きました。

高校生になってアルバイトを始めましたが、給料はほとんどパチスロで消える生活でした。

ほとんど負けていましたが、たまに1日で10万円以上勝つこともあります。これがあるからやめられません!

負ける度に

「もう絶対やらねぇ!やめる!」

とか言ってましたが、結局暇があればパチンコ屋に行ってしまい、たまに勝つとまたのめり込んでいきました。

そんな事を25歳くらいまで続けてましたが、あるときから圧倒的に負ける日のほうが多くなりました。

というよりも、負け分を取り戻すことが困難になりました。

僕が1番のめりこんでいた時の台は、吉宗や北斗の拳などの大量獲得ストック機です。

この頃の台は2、3万負けているとしても1発で取り戻すことができる可能性がまだありましたが、時代が4号機から5号機に移ってからは回収が困難になりました。

5号機は大当たりで増えるコインの枚数が激減し、ARTとかいうシステムでちまちまコインを増やすクソ仕様です。(現在は大分改善されたみたいですが)

5号機になってから勝てなくなった事で、徐々にですがパチンコ屋に足を運ぶ回数が減りました。

以前は本やネットで台の攻略情報を調べたりしましたが、だんだんとそんな事もしなくなり、たまにパチンコ屋に行っても打ち方が分からない状態になりました。

「もういいや。行っても勝てないし、勝ったとしても以前のように大勝ちはできない。今までの負け分の回収は絶対無理!もう時間の無駄...」

こう思った時から僕はパチスロを打たなくなりました。

まとめ

勝てなくなった、勝っても少額、ARTとか時間の無駄!今までの負けは取り返せない!

これがパチスロをやめた理由ですね。

僕のように5号機になってからやめた人は多いんじゃないでしょうか?

4号機の爆発力を味わった事のある人は、5号機では満足できません。

一発逆転のチャンスが少ないからです。

最後に

5号機に変わってよかったです。

パチスロが一気につまらなくなりました。4号機のままだといまだにパチンカスのままだったと思います。

今はパチスロを打ちたいと全く思いません。

 

もし、ゲームとしてスロットを打つことが好きなら実機を買ってみてはいかがですか?

パチンコ屋に行くよりもよっぽど健全で安上がりですよ!



-生活