より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

生活

IIJmioなどの格安SIMを使っている人はセルスタンバイ問題に要注意!

 

僕はIIJmioの格安SIMをアンドロイドスマホで利用してます。(通話ができるプランもありますが、手続きが面倒なのでやってません)

格安でインターネットができるのはいいのですが、きちんと対策をしてないとセルスタンバイという問題が起こる場合があります。

セルスタンバイ問題が起こると、なにも操作してなくてもスマホのバッテリーを激しく消費してしまいます。(SMSつきのSIMであればこの問題はおこらないみたいです)

セルスタンバイ問題が起こっているスマホは、1日充電を持たせることはまず不可能です。

今回紹介する対策で、僕のスマホは見違えるほどバッテリーの持ちがよくなりました!セルスタンバイでお困りの方は是非お試しください!



スポンサーリンク

セルスタンバイ問題とは

セルスタンバイを簡単に説明すると、圏外なのにずっと通話用の電波を探してる状態です。

試しに機内モード(電波を一切拾わないモード)にして放置してみると、ほとんどバッテリーを消費しません。

セルスタンバイ問題が起きている状態だと、なにも操作をしなくても気づけば充電がなくなってます。

実際に自分のスマホでセルスタンバイ問題が起きてるのかは、スマホの設定→バッテリーで確認できるはずです。

セルスタンバイ問題が起きてると、セルスタンバイの項目が90%近くになってることが確認できるはずです。

簡単に解決するには、SMS付きのSIMカードに交換するか、アプリを使うのがいいと思います。

僕はSMS付きのSIMに交換するくらいなら通話もできるプランに変更しようと思っているので、今回はアプリを使って問題を解決しました。

これで解決!自動機内モード制御 Free

今回使ったアプリは「自動機内モード制御 Free」というアプリです。

このアプリを使えば、ロックされている間はスマホが自動的に機内モードになって電波を遮断してくれます。

ロック画面を解除してホーム画面に入ると、自動的に機内モードが解除されます。

スマホを操作してない時は機内モードになって余計な電波を探さなくなるわけなので、大幅にバッテリーの節約ができます。

ここで不安に思うのが、メールやLINEの通知が受け取れなくなるのでは・・・。ということですが、心配ありません。

このアプリは定期的に機内モードから復帰する設定があるので、復帰したときにメールやLINEが受け取れます。

ちなみに僕は、20分に1回復帰するように設定してます。

このアプリのおかげで、90%近くあったセルスタンバイの項目が30%ほどまでに抑えられてます。

このアプリを入れてからは1日使ってもバッテリーが持つようになりました!

まとめ

今回紹介した「自動機内モード制御 Free」は難しい設定項目がないので、すぐに利用することができます。(もちろん無料)

いいところばかり書きましたが、LINEやメールをリアルタイムで受け取りたい方にはちょっと向いてないです。

僕がした設定の場合だと、最大で20分間の通知の遅延が起こることになります。

しばらく使ってみて、「自動機内モード制御 Free」には概ね満足しています。格安SIMのセルスタンバイ問題でお悩みの方は使ってみてはいかがでしょうか?

-生活