より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

生活

快適な睡眠の為には枕を買い変えるのがおすすめ!

睡眠は3大欲求の1つで、人生の3分の1は睡眠と言われているくらい人間にとって寝ることは重要な事です。

質の高い睡眠を取る事は健康や美容にもとてもいいことですので、毎日快適に眠って健康的に過ごしたいですよね。

もし普段、

  • 寝付きが悪い
  • なんとなく寝づらい
  • 途中で目が覚めてしまう
  • 起きた時に体のどこかが痛い

などの症状があるなら枕を変えることで快適になるかもしれません。

スポンサーリンク

枕が合わない事で起きる具体的な症状

自分に合わない枕を使ってると寝付きが悪かったりよく眠れなくなるのは当然ですが、下記のような症状が出る事もあります。

そういった場合は速やかに枕を買い換えることを検討しましょう。自分に合った枕を使用することで不快な症状を改善させることができます。

いびき

いびきは主に高すぎる枕を使用してる事が原因で起こります。

睡眠時にいびきをかいているのを指摘されたり、自分のいびきで目が覚めた経験はありませんか?

たかが「いびき」と軽く考えないほうがいいです。

日常的にかくいびきは、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。睡眠時無呼吸症候群はテレビでよく取り上げられていたので知っている人も多いと思いますが、とても危険な症状です。特に飲酒してから寝る習慣がある人は要注意です!

首周辺の痛みやこり、頭痛

朝起きた時に首筋のあたりが痛かったり、筋肉が張ってしまったりしてませんか?それはほぼ間違いなく合わない枕を使ってると起きる症状です。

また、首周辺の血行が悪くなることで頭痛を引き起こしてしまうこともあります。

めまいや手の痺れ

枕と関係なさそうなこれらの症状ですが、合わない枕で首筋が圧迫されることで交感神経が緊張して血液の循環が悪くなり、めまいや手の痺れが出ることがあります。

特にめまいは日中の活動に影響しますので早めの改善が必要です。

快適な枕の選び方

寝返りが打ちやすい枕を選ぶ

人間は一晩で10回以上の寝返りをします。

枕は寝返りをサポートするという重要な役割もあるので質が悪く、すぐにヘタってしまうような枕は当然おすすめできません。

また、温度や湿度によっても枕の硬さや寝心地が変わりますので、そういった枕も寝返りを妨げる原因になります。

結果、快適な睡眠が得られず、中途覚醒や起きた時に体の不調が現れます。

通気性のいい枕を選ぶ

通気性が悪い枕を使用していると就寝時、頭部に熱が篭ってムレてしまいます。

低反発素材、ポリエステル、ビーズ、ウレタンを使用している枕は通気性が悪く熱が篭りがちです。

頭部に熱が篭もりムレると不快感や寝苦しさで質のいい睡眠を得ることができません。

清潔さを保てる枕を選ぶ

基本的に枕は枕カバーを使用して定期的にカバーを洗濯するものですが、いっそのこと枕自体を丸洗いできるものを選んでみてはいかがですか?

カバーだけを洗うよりも清潔で、長持ちします。

自分に合った高さの枕を選ぶ

枕の高さが合わないと寝にくいですよね。人によって高めの枕が好みだったり、低めの枕が好みだったりします。自分が快適に寝られる高さを知り、枕を選ぶことも重要です。

ただ、長期間使っているうちに高さが変わってしまうこともあります。最初は高さが丁度良くて快適に眠れていたのに、いつの間にか腕を枕の下にしたり、クッションをあてたりして調節してませんか?

今では高さを調節できる枕もありますので試してみてはいかがですか?

おすすめの枕

自分の体にぴったりと合わせたオーダーメイドの枕がおすすめです!と言いたいところですが、正直実際に使用するまでに色々と面倒ですし、それなりにいいお値段がします。

手軽に買うことができて高品質な枕なら

【The Pillow (ザ・ピロー)】

が断然おすすめです!

比較的安く購入することができますし、何と言っても7年間の無料修理、交換保証が魅力です。

もしヘタってしまっても修理、交換してもらえるのでこれなら安心できます。

さいごに

毎日使う寝具にはできるだけこだわりたいものですが、マットレスや掛け布団は結構いい値段がします。

まずは値段的にも購入しやすい枕から変えてみてはいかがですか?

それでは、いい睡眠ライフを!
「沈む」のではなく、「浮く」心地よさ【The Pillow (ザ・ピロー)】

-生活