より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

仕事

仕事が辛くて辞めたい人は長期休暇をとってみたらどうかな?

毎日が辛い!仕事辞めてぇ~!休みが欲しいーー!

なんて毎日思ってませんか?

多分多くの人はそう思ってるはずです。

仕事楽しい~!休みなんていらねぇ~!

なんて思ってる人は少ないはずです。

でも、休みたいと思って有給を取ろうにも、なかなか「休ませてください!」とは言いづらいものですよね。

少なくとも僕の会社はそういう雰囲気でした。

 

退職するまで有給なんて全く消化しないで、年間300日前後を数年働き続けました。

 

結局不満が爆発して勢いで退職してしまったんですが、ちょっと後悔してる部分があるのも確かです。

 

僕みたいに勢いだけで辞める前に、仕事を辞めるのは少し保留にしてちょっと長期休暇をとってみませんか?

 

辞めることなんて本気になればいつでできます。

スポンサーリンク

長期休暇をとることで見えてくる部分があると思います

本当に会社が辛かったら、なにがなんでも休暇の申請をしてみましょう。

休みが取れたら特に旅行の計画を立てるわけでもなく、ニートの気分になってダラダラと過ごしてみます。

できれば期間を決めないほうがいいですが、10日以上はしっかり休みましょう!

 

始めから10日と決めてしまうと、

「どうせ10日後には仕事か~」

と考えてしまいますので、できれば有給を全部消化する勢いで無制限に取りましょう。

 

というのも、僕が会社を退職して大体10日位でこの記事を書いてるからです。

ニートの気持ちになって10日も休めば色々と見えてきますよ。

仕事を辞めた気持ちになって休んでみる

仕事を辞めた気持ちで休んでみると、退職後にしなければいけないことが色々あることに気づきます。

各種保険や年金の手続き、再就職の為の職探しなどなど...。

 

賢い皆さんなら次の職を見つけてから退職すると思いますが、僕みたいに先を考えずにいきなり退職してしまう人も中にはいるかもしれません。

 

会社を辞めた気持ちになって休めば、在職中や辞めた後にしなければいけないことが山程あることにきっと気づけます。

手続きに行くのが面倒くさい

役所に行くの面倒ですよ。

僕は仕事を辞めてから今まで、なんも手続きをしてません。

でも、重い腰がなかなか上がらないんですよね。

今は在職中の疲れをひたすら取ってます。

将来が不安になってくると思います

もう1度言います。

会社を辞めたニートの気持ちになってみてください!

いきなり会社を辞めたら収入がないんですよ!

毎日生活するためにお金は必ず出ていきます。

出てくだけで、入ってくるお金はありません。

稼ぐ手段もありません。

 

あなたがもし本当に今の会社が辛くて突然辞めたとして、この不安に耐えられますか?

どんなに今の仕事が辛くても、安定した収入があることは精神的には非常にいいことです。

あなたには貯金がありますか?

なかったら仕事を辞めるべきではありません!

 

貯金があるなら、それが尽きるまでの間がニートとして生活ができる期間のリミットです。

生活の仕方でリミットの長さはある程度伸ばす事ができるとはいえ、いつかは貯金が底について生活できなくなる日が来てしまいます。

 

親に頼れるならそれもいいでしょう。

 

ただ、普通の人ならお金がだんだんなくなってくると、不安と危機感で押しつぶされそうになることでしょう。

 

本当に無職になった気分で10日以上の休暇を取ってみれば、少しはその不安な気持ちが分かって貰えると思います。

長期休暇がとりたくても取れない?

取れます!

有給休暇は労働者に与えられる当然の権利です!

社内規程で有給休暇の取り方になんらかの制限がある場合でも、そんなものは関係ありません。

 

有給休暇は必ず取得することができます。

 

  • 周りの目が痛い?
  • 業務に支障がでる?
  • 上司から冷たい目で見られる?

その程度の問題なら構わず有給を取得しましょう!

 

もし、長期休暇後になにか言われてもそんなものは気にしないでおきましょう!

仕事を辞めるくらいの決心があるならそんなものは関係ありません。

 

会社にいられなくなる?

そんなことはまずありえませんが、もしそうなったらそこは辞めてしまいましょう。

まぁ、基本的に会社側からクビを切ることはそうそうないはずです。

会社からしたら自己都合の退社にしたいはずですからね。

 

最近なんかは希望退職制度を導入してる企業も増えてますよね。

仕事をやめたいと思ってる今のあなたがするべきことは?

OY1151013500662_TP_V

とりあえず、長期休暇を無職になった気持ちで体験してみてください。

そうすれば、考えも変わるかもしれません。

 

長期間休んで体は休養できますが、精神的にはむしろ不安定になるでしょう。

 

別に辞めることが悪いと言ってるわけではありません。

 

辞めるなら先のことをちゃんと考えてからにしましょう!

 

と言いたいだけです。

 

在職中に転職活動をするなり、副業などで本業以外に稼げる手段を身につければ、退職後も精神的に安定できるでしょう。

 

仕事を辞めた後にバイトして生活や、転職活動なんて辛いだけだと思います。

在職してる今のうちになんらかの手を打ちましょう!

まとめ

結構長い記事になったわりにまとまりがないので、僕の言いたいこと!

  • 辛いからって安易に退職しない!
  • どうしても辞めたくなったらまずは休暇を取る!
  • 休暇を取ることに引け目を感じない!
  • 休暇中に不安を感じてみる!
  • 先のことを考えた上で辞める。

こんな感じです。

 

とにかく、いきなり会社を辞めてはいけません!

不安になるだけです。

だったら、1回長期休暇で不安を経験して、その不安が分かったら在職中になにか手を打ちましょう!
 

経験や経歴を気にしなくてOK!若者正社員チャレンジ事業

 

好条件で安心できる介護求人をお探しなら、【MedFitメドフィット】

 

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

-仕事