より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

禁酒

アルコール依存症を認めたくない?一発で判別できるチェック方法!

自分がアルコール依存症だと認めたくない人は口を揃えてこう言います。

  • 昼間に飲まないから依存症じゃない!
  • 休肝日なんて作ろうと思えばいつでも作れる!
  • 酒なんていつでもやめられる!
  • 毎日飲むけど大した量じゃないし!

もしかして、あなたもこんな事を言って(思って)ませんか?

あなたは自分がアルコール依存症かどうかを知りたいからこのページを開いたんですよね?

もしくは知り合いにその可能性がある人がいますか?

本当は酒を飲んでいる事でなにか不安な事や悩んでる事があるんじゃないですか?

 

はっきり言ってこのページを開いた時点でアルコール依存症の可能性が高いと思いますが、簡単にチェックする方法があります。

スポンサーリンク

アルコール依存症チェック方法

たった今から1週間酒を一滴も飲まないで下さい。

 

これだけです。

  • 「そんなの簡単だからやる必要ない!」
  • 「今日はもう飲んでるから明日から。」
  • 「今週はもう飲み会の予定が入ってるから…」

など、なにかしら言い訳を考えた時点で「アルコール依存症」の可能性大です。

 

アルコール依存症と認めたくないなら、まずは実行してみてください。

たったの1週間ですよ?アルコール依存症ではない人にとっては、なんてことない簡単な事です。

 

飲み会の予定だってキャンセルするかジュースでも飲んでいればいいと思いますよ?

アルコール依存症を勘違いしていませんか?

酒を飲まないと手が震えるとか幻覚が見えるとか。そんな状態になることをアルコール依存症とかアルコール中毒だと思っていませんか?

  • 毎日晩酌をかかさない
  • 休日は朝や昼からでも飲むことがある
  • 眠る為に酒を飲んでいる

これのどれか一つでも当てはまるなら、アルコール依存症だと思ったほうがいいですよ。

酷い人だと仕事中でも隠れて酒を飲むという人もいますが、そういう自分よりも酷い人を見て安心してはいけません。

 

毎日酒を飲んでいる時点でアルコール依存症だと思いましょう。

 

じゃあアルコール依存症だらけじゃん!と思われるかもしれませんが、その通りです。

問題飲酒者に関する人口推計(2013年)
男性 女性
多量飲酒者(飲酒する日には純アルコール60g以上) 785万人 195万人
リスクの高い飲酒者 (1日平均男性40g以上、女性20g以上) 726万人 313万人
アルコール依存症者と予備軍(AUDIT15点以上) 257万人 37万人
ICD-10診断基準によるアルコール依存症者 95万人 14万人

アルコール健康障害対策基本法推進ネットワーク

この表では多量飲酒者とアルコール依存症者を分けていますが、誰だって最初は少量の飲酒から始まって徐々に量が増えていって、結局やめることができないからアルコール依存症と診断されるだけなので、この表の全ての人がアルコール依存症だと思ったほうがいいです。

そうすると、合計で約2400万人(現在では減少傾向にありますので2000万人くらい)がアルコール依存症ということになります。

日本の飲酒人口は6千万人程度と言われていますので、酒を飲む人の3人に1人はアルコール依存症ということですね。

そもそも、上の表も問題飲酒者の人口統計となっていますよね?なので、わざわざこのように分ける必要もなく2000万人以上が問題(アルコール依存症)なんです。

また、アルコール依存症とアルコール中毒は別のものですが、酒が必要な状態ということには変わりありません。

アルコール依存症だからまだ大丈夫!とかそういった甘い考えもしないほうがいいです。

さいごに

どうでしたか?

あなたはアルコール依存症でしたか?

きっと、アルコール依存症ではないと判定されたかったと思いますが、残念ながらあなたはアルコール依存症です。

もし、1週間実行して達成できた人はおめでとうございます!

あなたはアルコール依存症の可能性は低いです。(1週間後にまたこのページを見てる人はいないと思いますが)

ちなみに僕はアルコール依存症で現在禁酒中ですが、禁酒を決意する前に「1週間酒をやめろ」と言われても間違いなくできません。

というより、3日でも無理です!

 

1週間酒を飲まずにいられなかった人は、きっと将来なにかしらの形で後悔する時がくるでしょう。

病気になるかもしれないし、人間関係を失うかもしれません。

 

自分は大丈夫!と開き直らないで、まずは自分はアルコール依存症だという事を認めましょう。

認めた上でこれから先どうするかはあなたが決める事です。

 

肝臓・ウコンエキスのエキスパート!オルニチン、セサミン、L-システチン配合【ヘパリーゼZ】

 



「今夜、すべてのバーで」は、著者である中島らもさん本人が実際にアルコール依存症で入院した経緯から退院するまでの心の葛藤を描いた物語で、リアルなアルコール中毒の症状を読むことができます。

-禁酒