より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

お酒

酒の飲み過ぎで記憶をなくすのはもったいない!ブラックアウトを予防しよう

酒を飲んでテンションが上がるとついつい飲み過ぎてしまう事があります。

あまりにも大量に酒を飲み過ぎると、

  • 前日何を喋ったのか覚えてない
  • どこへ行ったのか覚えてない
  • ある瞬間からの記憶が途絶える
  • いつの間にか寝てた
  • 気づいたら家にいた(どうやって帰ってきたのか分からない)

なんて、あなたもこんな経験をしたことはありませんか?

これってすごくもったいないことですよね。

しかも、何度も記憶をなくすことで脳や体に悪影響も…。

スポンサーリンク

楽しかった記憶がなくなる

家で1人で飲んでいて記憶をなくすならまだいいんです。(体にはよくはありませんが)

本当にもったいないのは、誰かと楽しく飲んでいる記憶をなくしてしまうこと。

更にもったいないのは、大きなイベントや行事の記憶をなくしてしまうことです。

前日飲み過ぎて記憶をなくすと、

友達「昨日の○○楽しかったよねー」

自分「お、おう!」

友達「もしかして覚えてない?」

自分「あんまり…」

友達「そっか。酔ってたもんね…」

自分「…」

こんなことになります。

 

経験がある人なら分かると思いますが、楽しかったはずの時間を思い出せないのは辛いですよね。

 

旅行に行った時の写真、同窓会で撮った写真などを後から見ても、写っている自分は酒で顔を赤くしながら楽しそうに笑っていますが、どれも覚えてません。

また、自分がなにを喋ったのか覚えてないので、

「昨日なにか余計なこと言ったかもしれない…」

と、酷い自己嫌悪に陥ります。

なんなんでしょうね。このなんとも言えない気持ちは。

とにかくそんな大切な時間が頭の中から消えてしまうのは、物凄くもったいないことだと思います。

飲み過ぎで記憶をなくす理由

簡単に説明すると、酒を飲むと脳に記憶を伝える物質の働きが鈍くなり、そこで得た新しい情報を長時間脳に留めておくことができなくなります。

だから酒を飲むと記憶がなくなるんです。

記憶にはないけど家にはちゃんと帰れるのは、古い記憶やわずかな判断力は残っているからです。

何度も記憶をなくすのは危険!

若い時から酒で何度も記憶をなくすと若年性認知症の原因にもなり、今は大丈夫でもそのツケは年を重ねると後からきます。

認知症は現在の医療では治らない病気です。

1度認知症になると進行を遅らせることはできても、止めることはできません。

また、若年性認知症も怖いですが、記憶をなくすほどの過度の飲酒を続けると「アルコール依存症」になってしまいます。

そうなると自分の意志で酒をやめることが難しくなり、最終的には肝臓を壊して酒が飲めなくなるか、死にます。

肝臓も1度壊れると元には戻らない臓器です。

酒で記憶をなくさないための予防

よく言われる事ですが、酒を飲む時は必ずなにかを食べながらにして、合間に摂取したアルコールと同量の水分補給をおこないましょう。

そうすることで、血中アルコール濃度の上昇を緩やかにして記憶をなくすことの予防になります。

また、酒を飲む前にウコンやしじみをとるのも有効とされてます。

自分はよくヘパリーゼを飲んでました。

効果はあったような、なかったような…。

 

それよりも、意外と知られてませんがお酒を飲む前や日常の習慣として「青汁」を飲むのも予防に効果的です!

野菜不足も解消されて一石二鳥です。

酒飲みにおすすめな二日酔いの予防・解消に効果がある青汁

最後に

せっかく楽しかったはずの記憶をなくしてしまうのはもったいないです。

そればかりか、記憶をなくすほど酒を飲むと脳や体に悪影響があります。

酒は飲んでも飲まれるな!

記憶をなくすほど酒を飲むのはやめましょう。
 

肝臓・ウコンエキスのエキスパート!オルニチン、セサミン、L-システチン配合【ヘパリーゼZ】

-お酒