より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

生活

雨の日の辛いバイク通勤を楽にする方法!

バイク通勤って晴れてる日は渋滞がなくて快適ですが、雨や雪の日は苦痛ですよね。

朝起きて雨が降ってると、会社になんか行く気になりません。

少しでも快適に雨の日のバイクに乗るコツはとにかく体を雨に濡らさないことです。

雨に濡れることで体力を消耗しますし、なにより不快です。

そんな雨の日の辛いバイク通勤のときにはこれ!

スポンサーリンク

雨の日はヘルメットをフルフェイスにする

悪天候の中バイクに乗ってる時に顔に雨や雪があたると相当な疲労・ストレスになります。

スピードを出してると目に水は入ってきますし、水が当たると結構痛いですよね。

そこで、雨の日のヘルメットは顔を露出しないフルフェイスタイプにしましょう!

フルフェイスで顔全体が守られることにより、かなりの疲労・ストレスを軽減できます。

ちょっと高いですが、1個あると安心です。

持ってない人は騙されたと思って1回フルフェイスを試してみてください!

運転中の疲れ方が全く違いますよ!

やっぱり顔に水が当たらないのは相当でかいです。

そしてさらに、ヘルメット用のワイパーと併用すれば雨の日の顔対策はバッチリです!

使うか使わないかは別として、こんなものもあるという参考まで。

 

ここまでフルフェイスの良いところを書いてきましたが、フルフェイスにも結構欠点はあります。

  • たまにシールドの中が曇ってしまって視界が悪くなる
  • とにかく重たいので首が疲れる
  • 側面もガードするので、左右の視界が若干悪くなる
  • 冬は暖かくて快適ですが、夏は若干蒸し暑くなる

このようにフルフェイスにも欠点はあります。

しかしその欠点を差し引いても、雨の日などの悪天候時にはフルフェイスのほうが利点は多いでしょう。

合羽(レインコート)はいいものを買いましょう!

雨の日のバイクにとって最も重要なのが合羽です。

まさかコンビニで売っているような安物使ってませんよね?

あんな物で雨の日にバイクに乗ったら色んな所から水が侵入してきてカッパの意味がありません。

ちょっと高くてもちゃんと全身をしっかり防御できて、ちゃんと水を弾くものを選びましょう!

また、雨の日の夜は車から視認されづらくなるので、背中などにヘッドライトを反射する素材が使われてる物を選ぶといいでしょう。

 

合羽は長期間使用すると水を弾かなくなってきますので、雨を弾かなくなったら撥水スプレーを使いましょう。

バイク用のグローブもいいものを

夏場はグローブをする必要があまりありませんが、寒い冬や雪の日にはグローブは必須です!

雨や雪を通さない、しっかりとした良いものを買いましょう。まさか軍手なんて使ってないですよね?

冬場に軍手では手がかじかんで死ねます。

グローブもカッパと同じで、雨を弾かなくなってきたら撥水スプレーを使用したほうがいいでしょう。

サイドミラー用ミラーコートを使う

雨の日ってサイドミラーに水滴が付いてしまって、とても見づらいですよね?

特に夜は水滴が光を反射してサイドミラーはまるで使い物になりません。

サイドミラーが見えない状態の運転はとても危険です。

なので、雨が降る前に事前にサイドミラー用のミラーコートを使って、雨の日でもミラーを目視できる状態にしておきましょう!

こちらはスプレーするだけなので簡単です!

ケチらないで多めにスプレーするのがコツですね。

屋根・ルーフシールドを取り付ける

よくピザ屋の配達などで見かける屋根付きのバイクは、安全、快適性が断然違います。雨天時の安全快適性は勿論ですが、冬季の寒さ対策にも、これ以上のものはありません。

欠点は値段が高いのと、ルックスがちょっと…。

雨の日はいっそ濡れてもいい服装でバイクに乗る

通勤中に雨でスーツや作業着が濡れてしまうと、その日は仕事のやる気が出ませんよね?

合羽を着ていてもどうしても中の服は多少湿ったり、濡れたりしてしまうことがあります。

通勤でバイクに乗っている事(買い物などには向きません)が前提の話ですが、雨の日はもういっそのことある程度濡れてしまってもいい服装で運転します。

※風邪を引きますので、必ず合羽は着用してください。

仕事着は濡れないようにバッグやリュックなどに入れて持っていくか、スーツなどシワをつけたくない服は常に職場に替えを用意しておいて、通勤中に雨で濡れた服は職場で着替えます。

帰りも雨が振りそうなら雨で濡れてしまった服は仕事中に出来るだけ乾かして、また着替えて帰ります。

ちょっと面倒ですが、一手間加えるだけで通勤中や1日の快適さが段違いに変わります!

靴下や下着は濡れると不快感がハンパじゃないので複数枚用意しておいてもいいでしょう。

こういった水を弾く素材のシャツも販売されてます。

本来は汗ジミを目立たなくするシャツなんですが、バイク用にもうってつけです!

種類が結構豊富で意外と安く買えるので、数着持っていると便利です。気になったらチェックしてみて下さい!

まとめ

雨の日のバイク通勤は過酷すぎます。

どうしてもバイク通勤するなら安い物を使わず、雨の日はしっかりとした装備で肌の露出をなるべく抑えましょう。

また、普通の雨程度なら今回書いた装備でなんとかなりますが、台風の時にはまるで役に立ちません。

台風の日はバイクに乗らないようにしたほうがいいでしょう。

それでは、雨の日のバイク通勤も快適にお過ごしください!

-生活