より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

生活

銭湯でされるとイラッとすること。みんなでマナーを守って気持ちよく入ろう!

私は銭湯が好きでよく利用するんですが、中には銭湯を利用したことない人もいると思います。

今はどんどん銭湯が少なくなっていますからね…。

淋しいことです。

 

今回の内容は、これから初めて銭湯を利用する人はもちろん、いつも利用している人にも目を通してもらいたい内容です。

 

頻繁に銭湯を利用している人でも、気づかない内に周りの迷惑になるような事をしてしまってるかもしれませんよ?

スポンサーリンク

銭湯の基本的なマナー

銭湯は自分の家の風呂に1人で入る時とは違って、守らなければいけないマナーがいくつかあります。

 

例えば、銭湯に行くと目立つ所にこんな注意書きがあります。

  • 染髪禁止
  • 暴力団お断り
  • 湯船に入る時は体を洗ってから
  • タオルを湯船につけない

などですね。

これはどこの銭湯でも共通する基本的な事なので、地域によってはもっと細かい注意書きがあるかもしれません。

銭湯を利用する時は、その銭湯の注意書きは必ず確認してから入浴するようにしましょう!

 

次からは上の注意に加えて、私が銭湯でされたらイラッとする事を書いていきます。

子供のしつけ

子供が銭湯に行くと必ずすることがあります。

なにかというと、

 

泳ぎます!

 

これはイラッとしますね。

子供は広い湯船を見ると泳がずにはいられないのです。

私自身も子供の頃に銭湯で泳いだ記憶があります。

 

子供が銭湯で泳ぐのは仕方がないことではあるのですが、せっかく気持ちよく入浴しているのに横で水しぶきを上げながら泳がれると落ち着いて入浴できません。

 

でもまぁ、百歩譲ってここまでは許しましょう。

しかし、親も一緒に来ているにも関わらず子供を注意しないのはどういうことなんでしょう?

 

「子供のする事だから仕方がない」とでも思っているんでしょうか。

 

ただでさえ子供は走り回ったり大声で叫んだりと、正直迷惑な存在です。

子供と銭湯に行くときは、ちゃんとしつけをしてあげましょう。

 

そのうち怖いおじさんに怒られる事になりますよ。

体を洗わないで湯船に入る

これは基本的なマナーなんですが、守らない人が結構います。

ボディーソープで念入りに洗ってから入れ!とまでは言いませんが、せめてかけ湯くらいはしてから湯船につかりましょう。

 

かけ湯くらいじゃ体の汚れなんて落ちないから別にしなくていいじゃん?

と思いますか?

 

気分の問題でもあります!

 

例え無菌の場所にいて体に汚れ1つ付いてないとしても、かけ湯は絶対にしましょう!

サウナの後に即水風呂

サウナに入った後といえば水風呂ですが、水風呂に入る時は湯船に浸かる時と同様に体の汗をシャワーなどで流してから入るようにしましょう。

 

サウナに入って汗だくになった体のまま水風呂に入った人をみたら、その日は絶対に水風呂は利用しません。

 

ちなみに私は潔癖症ではありませんが、他人の汗が混ざった風呂に入るのは気持ち悪くないですか?

まぁこれも気分の問題なのかもしれませんが…。

泡を散乱させる

たまに見かけるんですが、シャンプーやボディーソープで泡だらけになっている人がいます。

別にその人だけが泡だらけなら何も問題ないのですが、そういう人は絶対周囲に泡を散乱させています。

 

そういう人が近くにいると、自分が体を洗った後に湯船に向かう時は気をつけないと泡を踏んでしまいます。

するとどうなるか?

 

滑って転びそうになります。

 

危ないですよね?

 

また、足に泡が付いてしまったら湯船に入る前にまた洗い流さなければいけません。

洗髪などの際は周りに泡を飛び散らさないようにしましょう!

他人の所有物を利用する

銭湯にはシャンプーやボディーソープが備えられている場合もありますが、用意されていない銭湯ももちろんあります。

 

私は1度やられたんですが、勝手に人のシャンプーやボディーソープを使う人がいました。

その人は銭湯の備え付けと勘違いしたのか、備え付けられてないのを知っていて使ったのかは分かりませんが、この時はイラッとしたというよりもブチ切れそうになりました!

 

初めて行く銭湯の場合は備え付けられてるか分からないと思いますので、念のため自分の物を持っていくようにしましょう!

 

ちなみにスーパー銭湯は必ずシャンプーやボディーソープは備え付けられています。

髭剃りや垢をこする為のタオルもたぶんあるので手ぶらで行っても安心ですよ!

さいごに

細かい事を書くとキリがなさそうなので、私が銭湯で特に気になることを書きました。

初めて銭湯を利用する人の参考になればと思います。

 

さて、記事も書き終わったし銭湯行こうかな♪

-生活