より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

禁酒

酒をやめるのは怖いし不安!でも、やめないともっと辛い目に合うよ

この記事はアルコール依存症の人に向けた内容です。

酒を飲む事で他人に迷惑をかけたり、自分の体に負担をかけるような飲み方をしていない人。要するに、適正飲酒ができている人は読む必要がありません。

  • 酒を飲むと他人に迷惑を掛けてしまう
  • 飲み始めると潰れるまで飲んでしまう
  • 休肝日が取れない
  • 酒以外に趣味や楽しみがない
  • 最近体の調子が悪い
  • 酒をやめたいけど、やめられない

そんな人はこの記事を軽く目を通しておくといいかもしれません。

スポンサーリンク

酒を飲むと他人に迷惑を掛けてしまう事がある

とくに若い人に多いと思いますが、飲酒経験が浅いうちに大量に酒を飲むと他人に迷惑をかけがちになります。

酒を飲み始めた頃は自分がどの程度の酒を摂取すると、どうなってしまうかがまだ分からないからです。

酒の席などで失敗を重ねたり、いろいろな酒を飲むことで自分の酒に対する許容範囲が分かってきますが、自分では分かっているつもりでも、どうしても他人に迷惑を掛けてしまう(酒癖が悪い)人もいます。

自分がまさにそうでした。

酒で無くした友人は数知れず。年々飲み友達が減っていきました。

新しくできた友達も一緒に酒を飲むと次の日には他人になります。

今では、小さい頃からの本当に仲のいい数人の友達としか酒は飲みません。(っていうか今は禁酒中ですが)

年を取ると新しい友達を作ることが難しくなってきます。

せっかくできた友達を酒なんかで無くすのは非常にもったいないです。

酒で周りに迷惑ばかりかけてると次第に友達は減っていき、最後には自分の周りに誰もいなくなってしまいます。

そうなる前に必ず適正飲酒をするように心がけましょう。

潰れるまで飲んでしまう

毎晩仕事から帰ってきたらとりあえずビールから始まり、チューハイ、焼酎などを寝るまで飲んでしまう…。

休日になり予定がなにもないと、とりあえず朝起きたら酒を飲み夕方まで爆睡。そして、夜にまた寝るまで飲んでしまう…。

そんな生活を続けているあなたははっきり言ってアルコール依存症です。

飲み方を改めないと、近い将来怖い思いをするかもしれません。

酒をおいしく飲めている今がチャンスです!

できれば禁酒。難しいようならまずは節酒にチャレンジしてみましょう!

僕のように肝硬変になってからでは手遅れですよ。

休肝日が取れない

取りましょう!

休肝日が大切である事は色々な所で書かれているので、なぜ必要なのかは書きませんが長くお酒と付き合って行きたいなら休肝日は必ず作りましょう!

まずは週に1回酒を飲まない曜日を決めて、その日は意地でも酒を口にしないようにしましょう。

週にたったの1回です。

ちなみに僕は意志が弱い人間で、週一回の休肝日すら取ることができませんでした。

酒以外に楽しみがない

僕もそうでしたが、酒以外にこれといった趣味や楽しみがありませんでした。

禁酒に挑もうとした時に最初にぶつかった壁がこれです。

休肝日も同じ理由で取れませんでした。

 

でも、別に無理して酒の代わりの楽しみを作る必要なんてありません。

あなたはいつも酒を飲みながら何をしていますか?

酒を飲まない時もいつもどおりの事をしてればいいんです。

時間は勝手に過ぎていき、そのうち眠くなり寝てしまうだけです。

寝れないなら起きていればいいんです。そのうち眠たくなります。

僕が言いたいのは、「酒を飲まないなら、なにかしなくちゃ」という考えをやめて、時間が過ぎるのを待つということだけです。

そのうち楽しみは見つかりますし、ゆっくり眠ることができるようになります。

今の僕の楽しみは甘い物を食べることと、寝てから夢を見ることです。

最近体の調子が悪い

  • 朝が辛い
  • なんとなくダルい、やる気が出ない
  • 背中などが痛む
  • 下痢や便秘が続く
  • 顔や足がむくむ

こんなあなたは今すぐ禁酒、節酒です。自分の体を少しは労りましょう。

酒をやめたいけど、やめられない

はっきりいって完全にアルコール依存症です。

なぜ酒をやめたいのですか?

あなたは酒をやめる必要があると自分で分かっているからやめたいんですよね?

上に書いたことに当てはまる人は酒をやめたいと少しは考えたことがあるはずです。

実際に禁酒にチャレンジした人もいると思います。

でも、結局は酒を飲んでしまうんですよね。

なぜ酒をやめたいのにやめられないのか?

それは、自分の心と体に甘えているからです。

自分だけは病気にならないと思ってませんか?

本気を出せばやめられると思ってませんか?

酒で死ぬなら本望だと開き直っていませんか?

僕はそう思っていました。

結果、

肝硬変になり、ドクターストップを受けて本気で禁酒をしなければならなくなり、怖くないと思っていた死を恐れるようになりました。

酒をやめるのは怖いし、不安ですよね?

楽しみがなくなる気がする。離脱症状が辛いなど。

ただ、これだけは言えます!

酒をやめないともっと怖い・辛い思いをすることになりますよ。

さいごに

冒頭にも書きましたが、適正飲酒ができている人は、そのまま酒と上手に付き合って行ってください。

適正飲酒ができてないあなたは節酒、禁酒をしましょう。

手遅れになってからでは本当に遅いですよ!酒は飲んでも飲まれるな!
 


「今夜、すべてのバーで」は、著者である中島らもさん本人が実際にアルコール依存症で入院した経緯から退院するまでの心の葛藤を描いた物語で、リアルなアルコール中毒の症状を読むことができます。

この記事のカテゴリ一覧はこちら>> -禁酒