より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

注意点 買取

18歳以下は不用品を売れない?高校生はどうなの?買取可能な年齢っていくつ?

  • ゲームや漫画を売りに行ったら年齢認証された
  • 18歳未満からは買い取れないと言われた
  • 19歳でも売れなかったけど?
  • 毎回年齢認証されるんだけど?

不用品っていったい何歳からなら売れるの!?

 

これは、答えを先に言ってしまうと、「店による」です。

スポンサーリンク

古物営業法

中古品の買取には古物商の資格が必要です。

これは車の運転免許と同じで、例えば赤信号を無視したら罰金が取られるように古物営業法にも規則というものがあります。

古物営業法では、「18歳未満の人から古物を買い受ける際には、金額に関わらず保護者の同意確認もしくは同伴が必要

と決められています。

高校生は不用品を売ることができるのか?

売ることはできます。

まず、上に書いた古物営業法では18歳未満からの買取となっていますが、18歳未満というのは18歳を含みません。

なので、18歳を超えていれば高校生でも親の同伴や同意書がなくても売ることができるということになります。

まぁ、18歳未満でも親の同伴や同意書などがあれば売ることはできるということなんですが、買取店はどんどんこの年齢に関しては厳しくしていて、今では同意書だけでは売れないということが多いでしょう。

親への電話連絡などで確実に買取店側が大丈夫だと判断しない限り売れないと思います。

ここは買取店側のサジ加減によりますが、私も子供の頃に親の変わりに友達に電話に出てもらったりしましたが、まぁ通用はしないでしょう。

私が店長だった買取店の場合

私は過去に買取店の店長をしていたことがありますが、私の会社は当時からかなり厳しかったです。

 

まず、

 

20歳未満からの買取は基本的には受け付けませんでした

 

保護者同伴とかなら話は別ですが、よっぽどの確証がない限りは買取しませんでしたね。

これは古物営業法の18歳未満という規定の枠外で、私の会社が独自に設定していたルールです。

なぜここまで厳しくしていたのかというと、「余計なトラブルを避けるため」これだけですね。

1万円以上の買取では本人確認が必要

上に書いた年齢認証に加えて、私の会社では

 

1万円を超える買取では本人確認が必須

 

でした。

 

これも古物営業法で定められていることなんですけど、

古物営業法では一定の品目を取引する場合や、1万円以上の取引をする場合に、古物台帳への記載・記録が必要だと定められています。

古物台帳って言うと分かりにくいですけど、物を売る時って用紙に名前や住所を書くのが基本です。

それが古物台帳ですね。

更にその古物台帳には「本人確認」をどのようにして行ったのかを記載します。

免許証だったり、学生証だったり色々ありますが、顔写真付きの物が基本ですね。

確認した後は更に、その番号を古物台帳に記録します。

何度も書きますが、これは古物営業法で定められていることなので、守っていないお店は罰せられます。

前に売った時は年齢確認や免許証なんて必要なかったけど?

不用品を売りにいったら用紙に名前と住所だけ書いたら買取ってもらえたけど?

 

こういう人もいるんじゃないかと思います。

 

それは明らかにあなたが20歳を超える見た目で買取価格も1万円を超えていなかったからでしょう。

 

ただ、最近私も不用品を売る機会があったんですが、私も年齢確認や免許証などの提示は求められませんでした。

「え?」って思いましたね。

その時の買取価格は4万円くらいだったので、私の年齢がいくつであっても免許証などの本人確認は必要なはずなんです。

そこで思わず、「免許証などの確認はいいんですか?」と聞いたら「大丈夫です」とのこと。

更に深く聞くようなことはしませんでしたが、私はその買取店に売るのをやめました。

買取可能な年齢を20歳以上とかにするのはお店のサジ加減ですけど、本人確認もしないようなお店はダメだと思いましたね。

普通の人からしたら、「なんかすんなり売れてラッキー」と思うかもしれませんが、そういうお店はロクなもんじゃありません。

さいごに

  • 18歳未満でも保護者の同伴などがあれば不用品を売ることはできる
  • 買取店によっては年齢を20歳まで引き上げているところもある
  • 1万円を超える買取には身分証明証が必要

簡単に言ってしまうとこれだけですね。

これらの古物営業法を守らないで身分証の確認はおろか用紙にサインも必要ないお店もありますが、そういう買取店は逆に信用できないですね。

この記事のカテゴリ一覧はこちら>> -注意点, 買取