より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

注意点 買取

金・プラチナなどの貴金属製品によくある偽物の種類

ふと、「自分の持っている金やプラチナは本物なのか?」と思うことってありますよね。

自分で信頼できるお店で買った物は別として、家から偶然出てきた物やもらった物なんかは「これって偽物なんじゃ…」って不安になるものです。

こんなことを考え出すとなんかスッキリしませんし、もし偽物だったら身に付けたくもないと思います。

実際に金やプラチナなどの貴金属製品には偽物も大量に出回っていて、素人でも簡単に判断できる物から専用の機材を使わないと判別が困難な物まで色々とあります。

でも、実は偽物の作り方自体は結構少なくて、どれも大体似たような方法で偽物は作られます。

今回は、金やプラチナなどの貴金属製品によくある偽物の種類をご紹介します!

スポンサーリンク

メッキ品

これはリングの裏側ですが、このように金の刻印が入っているからって安心してはいけません。

左の18kと刻印が打たれているリングは分かりやすいんですが、よく見ると表面が少しはげて銀色になっています。

これは、リングの表面だけに金メッキをして刻印を打っているんですが、世間に出回っている偽物のほとんどがこの方法で作られているといってもいいくらいです。

ちなみに、メッキの下の素材は銀だったり鉄だったりと様々ですが、磁石に反応しない銀が使われていることが多いですね。

金やプラチナは磁石には付きませんので、中が鉄だと簡単に判別されてしまうからです。

まぁどちらにしても、慣れれば手に持っただけで違和感を感じて、すぐに金じゃないと分かりますね。

 

このタイプの偽物の判別方法は、

  • 磁石に付けて反応を見る
  • 比重計で検査する
  • 試金石と硝酸を使って検査する
  • X線を使う

といった真贋方法がありますが、この中であなたにできることは「磁石に付ける」ことだけです。

先程も書いたとおり、メッキの下が鉄ならば磁石に反応してくっついてきます。

ただ、磁石に付かない材質だった場合はその下の判別方法をおこないますが、これはどれも特殊な機材が必要です。

その為、判断する為には機材を購入するか買取店などに査定してもらう必要がありますが、現実的な方法は買取店の査定ですね。

買取店も騙されるメッキ品

メッキで作られてた偽物の中には、買取店でも騙されてしまうようなメッキ品も存在します。

それがどんなメッキ品かというと、「タングステン」という素材を使った偽物です。

買取店では主に比重計という機械を使って比重値を測定することで真贋をしているんですが、タングステンはその真贋方法では偽物を見抜くことができません。

 

ここでちょっと専門的な説明をすると、各金属は比重が決まっていて、例えば18金の本物の比重値は14.84~16.12です。

14金なら12.91~14.44、24金なら19.13~19.51というように、同じ金でも比重を調べることで純度まで分かるんです。

 

そして、タングステンの比重値は19.3です。

 

このタングステンで作られたリングに厚めのメッキをかけると、比重値は18金と同等程度になりますので買取店は騙されてしまう訳なんです。

タングステン自体が希少な貴金属なのでそれなりに価値がある物なんですけど、金の価値に比べるとかなり低いので偽物としてよく利用されます。

 

また、一般的な買取店が使っている比重計は300gほどしか測ることができない場合が多いので、

例えばこの写真のような500gの金のインゴットは査定自体が困難ですし、これの中がタングステンならまず真贋できません。

これの真贋を正確にする為にはx線分析をする必要がありますが、一般的な買取店にはx線までは用意されていません。

 

タングステンまで使われていると、まず一般人では手に負えませんね。

刻印の偽装

割りとタチが悪いのが刻印の偽装です。

k18と刻印が打たれているから18金だと思っていた物が、実は14金だったなんてことがあります。

このタイプも一般の人ではまず真贋不可能ですし、買取店も意外と騙されてしまうことがあります。

比重計を使えば分かるんじゃないの?と思ったかもしれませんが、金やプラチナ製品って宝石が付いている場合がありますよね?

 

比重値は宝石が付いていると下がります。

 

18金のリングにダイヤが付いていると比重値は14金程度になりますので、単純に比重計だけに頼って査定していると騙されてしまう場合があるんです。

正確な真贋にはやはりx線を使うか、宝石を取り外して比重計にかけるしかありません。

留め具のみ本物

ネックレスの偽物に多いのがこのパターンです。

ネックレスは留め具の部分に刻印が打たれているので、留め具だけ本物を使って本体部分は品位の低い物を使っていたり、全く別の金属という場合だってあります。

偽物を作る側も色々と考えますよね笑

このタイプの偽物は大体手に持てば重さに違和感を感じるんですが、タングステンが使われていたら厄介ですね。

タングステンは重さも本物の金と似たような感じなので、手に持っただけでは分かりません。

 

このタイプでよくあるのが、留め具が本物のプラチナだけど実は本体は銀だったという品物ですね。

プラチナも銀も似たような色をしていますし、銀は磁石にも付かないので偽物を作りやすいんです。

また、ここでも比重計を使えば分かるんじゃないの?と思った人もいるかもしれませんが、ネックレスって中が空洞になっているようなデザインの物がありますよね?

そういった特殊な形状の物は比重計で比重を測ることができないんです。

比重計って高い機材の割には意外と役に立たないことが多いんですよね…。

貴金属は本物だけど宝石が偽物

これは人間の心理を利用した偽物ですね。

リングの部分が本物だから付いている宝石も本物だろうと思っていると、実は宝石はただのガラスだったとか。

 

ダイヤならダイヤモンドテスターという機器を使えば簡単に本物か偽物か分かりますが、ほかの宝石はそうもいかないんですよね。

なので、多くの買取店はダイヤ以外の宝石が付いた品物を買取る時は宝石を外してしまいます。

ダイヤモンド以外の宝石を買取っていない買取店が多いのはこんな理由もあるからです。

もし、ダイヤ以外の宝石もちゃんと査定してもらいたいなら、そういった買取店にお願いする必要があります。

 

例えば宝石の宅配買取ならこちらですね。宝石買取価格に自信あり!ブランド価値、デザインも加味!買取手数料0円の「買取本舗 七福神」

 さいごに

今回は金やプラチナ製品の偽物の種類をいくつか紹介しました。

細かく言えばもっと色々な方法で偽物は作られているんですが、世に出回っているほとんどの偽物はこのように作られています。

悪いことを考えている人は本当に悪知恵がよく働きますよね。

 

また、偽物の種類を紹介したのはいいんですが、あなたにできる真贋方法は「磁石に付けてみる」ことだけです。

現在は磁石に付けるだけで分かるような簡単な偽物はあまり出回っていませんが、それでも極たまに存在します。

後は比重計などを購入するか買取店などに査定をお願いしてみることになりますが、比重計は10万円以上する高価な機械です。

なので、現実的には買取店に査定をお願いすることになりますが、その買取店ですら騙されることがあるので買取店選びはかなり重要ですね!

宝石買取価格に自信あり!ブランド価値、デザインも加味!買取手数料0円の「買取本舗 七福神」

-注意点, 買取