より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

お酒 禁酒

禁酒開始から1年6ヶ月経過!私は断酒ではなく禁酒をしているつもり

お酒をやめてから定期的に禁酒の記事は書いていますが、私は一回も「断酒をしている」と書いたことはありません。(多分…)

なぜなら私は、

 

一生お酒を飲まないと誓っていないから

 

です。

 

私はあくまで今を生きるために酒をやめているんで、もし生きられないと分かったらその時点で普通に飲み始めると思います。

禁酒ではなく断酒を宣言している人は、本当にこの先一生一滴も飲まないでいられるんでしょうか?

もし明日死ぬと分かっていても飲まずにいられるんでしょうか?

 

たまに断酒を宣言している人が禁酒なんて意味がないと言っているのを見かけます。

私も一時的な禁酒は自分自身を苦しめるだけだと思っているので、あまりおすすめはしません。

アルコール依存症にとっては完全な禁酒より休肝日を作るほうが苦痛でも似たような事を書きましたが、一時的な禁酒は我慢するものだから苦痛なんですよね。

なので、断酒をしている人で禁酒は意味がないと言っている人は、一時的な禁酒はまた飲むことが前提だから意味がないという意味で言ってるんだと思います。

私はもちろんこの先も禁酒を続けるつもりなので、言い方が違うだけで断酒をしているのかもしれませんけど、

 

おそらく生きている間に酒を飲むことが絶対にあります

スポンサーリンク

本気で断酒を宣言している人は考えが違う

前にも書いた気がしますけど、断酒をしている人はよくこんな事を言います。

 

酒は毒以外のなにものでもない!

 

本当にまるで鬼の首を取ったように酒を徹底的に「悪」だと思っているんですよね。

私は禁酒をしている今でも酒は嫌いじゃなく、むしろ好きですし、私がこうやって禁酒をせざるを得ない状況になっているのも全部自分自身のせいだと思っています。

酒を毒だと言っている人は、きっとそう思い込んでいないと駄目なんでしょうね。

酒を飲み物だと認識した時点で飲んでしまいそうになってしまうんでしょう。

 

断酒と禁酒ではここまで意識に差がある事なんです。

そういう人達と私で違うのは、死ぬ前に酒を飲むか飲まないかの違いです。

私は生きている間にまたお酒を飲むと思うので、これから先も断酒をするとは言わないと思います。

 

私がしているのはあくまで禁酒です。

 

人それぞれお酒をやめる方法や考え方は違うので酒を毒だと思い込むことが悪いとは言いませんけど、私のような甘い気持ちで万人が禁酒を続けられるとも思えませんね。

断酒と禁酒の違い

ここまで書いていて、禁酒と断酒の違いが本格的に分からなくなったんでちょっと調べてみたら、それっぽい事が書かれていました。

●禁酒
・誰かに酒を飲まさないようにすること。
・飲まないように我慢していること。
・酒を飲む人から酒をとり上げようとすること。
・酒のない社会を目指すこと。
*禁酒とは、酒との闘いである。

●断酒とは?
・自分自身で、酒を飲まない生き方を選び、実践すること。
・酒を飲まないだけでなく、より心の健康を増進させる(成長する)為の努力を通じ、アルコール依存症から回復していくこと。
・素面で生きること。
・世の中の酒は他人の問題だからとやかく言わないが、自分は酒を飲まない生き方を目指すこと。
*断酒とは、酒を飲まない生き方を選択する事。要は、自分自身の生き方の問題である。

ヤフー知恵袋

あぁなるほどなと思いました。

やっぱり、我慢するのが禁酒で酒を自分の人生から除外するのが断酒ということなんですね。

じゃあ、どっちも当てはまる私はいったい何をしてるんでしょうかね?笑

今は酒を我慢している訳ではないですけど、一生飲まない生き方を選んでいる訳でもないですからね。

私の中で、断酒をしている人が言っている事でちょっと違和感があるのは、

 

「世の中の酒は他人の問題だからとやかく言わないが、自分は酒を飲まない生き方を目指すこと。」

 

この部分かもしれませんね。

酒を悪だと言ってる人は酒飲みも悪だと言っているように聞こえる

断酒をしている人だって酒を悪く言っているだけで他人を悪く言っている訳ではないんですけど、結果的に飲む人も悪だと言っているように聞こえるんですよね。(実際は酒飲みを全否定するような人も多いです)

極端な言い方をすると、「人を殺すのは他人の問題だからとやかく言わないが、自分は殺さない」と言ったとしたら変ですよね?

殺すのは悪いことで、人殺しは悪という考えが普通です。

そうなると、酒は悪いから酒飲みは悪という考えになりますよね。

なにが言いたいかと言うと、自分が断酒をしている事を棚に上げてあまり酒を悪く言わないほうがいいんじゃないかという事です。

断酒している人の中には、「他人が吐く呼気のアルコール臭は、強烈に臭くて耐えられない。公害を撒き散らしている自覚はないのか」とか平気でブログに書く人もいますしね。

そう思う気持ちも分かりますけど、それは自分の中に留めておくべきなのではないかなと。

仮にもその人自身だって、酒を飲んで長年の間そうやって同じことを周りにしてきた訳ですからね…。

さいごに

これだと最終的に私が、

 

断酒を宣言している人=悪

 

と言ってるようなものですね。

 

そうではなく、酒をやめる事に対する意識の違いで考え方がここまで違うんだなと思っただけなんです。

むしろ、禁酒をしているのに酒は好きなんて言っている私がおかしいのかもしれませんけどね。

 

ただ、別に酒を嫌いにならなくても禁酒を続けることはできますし、酒を悪く言ったところでなんの解決にもなりません。

酒を飲まない事で大切なのは、あくまで自分自身の中の酒に対する考え方だけです。

 

前回か前々回くらいに禁酒を本気で継続するつもりならブログや日記を書くのがおすすめ!という記事を書きましたが、もし酒をやめてブログを書こうと思ったら、あまり酒に対するネガティブなことばかり書かないほうがいいと思いますよ。

-お酒, 禁酒