より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

仕事 生活

日本に縛られず海外で仕事しながら生活をしている友人の行動力が凄いし憧れる

海外って、普通の人の感覚だと旅行に行ったり仕事で出張に行ったりする程度のもので、ずっとそこに住むという考えはしないですよね?

だって海外に住むとなると、

  • どこに?
  • だれと?
  • どうやって?
  • 仕事は?
  • お金は?

なんて普通の事をまず考えますし、そもそも海外に住もうとも思わないですよね。

でも、最近久々に連絡を取ってきた友人の話しを聞いていると、

 

そんなものは全部行動力次第

 

なんだと思いました。

一度しかない人生なんですから、ずっと日本に縛られていないで一度くらいはそういう経験をしてみたいですよね。

誰だって狭い日本だけで仕事を続けて生涯を終えるなんて嫌なはずです。

 

なので、

 

あなたも明日から海外を目指しましょう!

 

なんて事は言えないですけど笑

今回はあくまで友人の話しなので実体験を語る訳ではありませんが、「そういう人もいるんだなぁ」という感じで読んでもらえればと思います。

スポンサーリンク

友人は決して特別な人間ではない

OY1151013500662_TP_V

海外で生活をしているって聞くと、英語ができたり、元からある程度稼いでいてお金に余裕があったり、人脈があったりと。何となく高学歴だったり特別な人を想像しませんか?

でも友人はごく普通の人間で、大学にも行っていませんし、海外に人脈があった訳でもありません。

英語だって勉強していませんでしたし、海外について色々と学んでいたという事もありません。

そんな普通の人でも行動力さえあれば海外で生活することができるんですよね。

日本での友人の生活

日本にいる時はIT関係の会社で働いているサラリーマンでしたが、ハッキリ言って私には社畜にしか見えませんでしたね。

定時に帰ることもできず、泊まり込みで仕事をすることもあったみたいでした。

飲み会で会うといつもなんとなく疲れているように見えたものです。

でもその友人は結構アクティブで、プライベートではスノボー、サーフィン、登山など多趣味でしたね。

私もよく色々と連れて行ってもらって楽しませてもらっていました。

 

私から見たそんな友人は、

 

とにかく凄くアクティブで社交性のある人間

 

といった感じです。

いや、でもいくらアクティブだからって海外で生活するようになるなんて思ってもいませんでしたけどね笑

海外に行ったキッカケ

20代中盤頃になると友人は海外に興味を持ち始めました。

飲み会では「あそこに行ってみたいんだよね~」と度々口にしていました。

私も「行ってみたいね~」なんて言っていましたけど、本当は行く気なんてなかったんですよね。

行きたい気持ちは山々なんですけど、当時は私も仕事が忙しくてそれどころじゃなかったですし、お金もそんなに余裕がなかったんで、「いつか旅行で数泊くらい行けたらいいな」くらいに思っていました。

 

でも、友人はある時いきなり一ヶ月ほど海外旅行に行ったんです。

会社は長期休暇を取ったみたいで、本当に1人で突然フラ~っと行ってしまいましたね。

帰ってきた友人はなんか別人に見えました。

たった一ヶ月だったんですけど、日本ではできない経験を色々してきたみたいで顔が生き生きとしていましたね。

 

それから数ヶ月後なんですけど、その友人は会社を辞めて世界旅行に行きました。

その時も1人で突然行ってしまったんですけど、海外ツアーなどで行くのではなくて本当の1人旅です。

ただ、現地ではフェイスブックのバックパッカーの集まりみたいなものに参加はしていたみたいですね。

1年半くらいだったでしょうか。

世界中を回ったみたいです。

たまに送られてくる動画を見ては羨ましく思ったものです。

ちなみにお金はサラリーマン時代の貯金でなんとかしていたみたいで、海外での会話については「大体は英語が通じるから」なんて言っていました。

私は「その英語はどうしたの?」と聞くと、「向こうで少しは覚えた」と返してきました。

私には考えられない事なんですけど、そんなに自然と覚えるものなんですかね?笑

まぁ、最悪スマホさえあればなんとかなりそうな気もしますけど、どうなんでしょう。

 

それから友人は一度日本に戻ってきたんですけど、またすぐに海外に行きました。

友人の現在の生活

最近までずっと連絡を取っていなかったんですが、私はてっきり日本にいて仕事がまた忙しいのかなと思っていたんです。

でも、LINEの会話でビックリしましたね。

 

友人「元気にしてる?」

私「元気だよ!」

友人「まだ酒はやめてんの?」

私「やめてる」

友人「病気は治ったの?」

私「治らないけど、普通に動けるから大丈夫」

友人「今はなにしてるの?」

私「ドラクエ」

友人「wwwwww」

 

こんな適当な話をしていたんですけど、ちょっと気になったから聞いたんです。

 

私「今日本?」

友人「オーストラリア」

私「いつから?」

友人「1年くらい前かな~。あと2年はいる予定!」

私「そっちで結婚でもしたの?」

友人「してないよ。ただこっちが居心地いいだけ!」

私「仕事はどうしてるの?」

友人「農家で働いてる。なんかのんびり最高に暮らしてるよw」

 

私はもうなんていうか、本当に友人が遠くの世界に行ってしまったように感じましたね。

 

友人「日本にはないスローライフがこっちにはあるよ!こっちに来ればいいのに」

私「期待しないで待っていてよ」

 

こんな感じの会話でしたけど、要は今オーストラリアで農家をしながら生活しているらしいです。

それもあと2年以上も続けるというんですから、よっぽど居心地がいいんでしょう。

それにしても、オーストラリアで農家だなんて。

考えられますか?

普通のサラリーマンだった人がオーストラリアで農家ですよ?

よく「海外に住んでみたい」なんて言う人はいますけど、実際にここまで行動に移せる人はかなり少数だと思います。

でも、行動力さえあれば本当に可能なんですね。

友人を馬鹿にする訳じゃないですけど、ごく普通の人間でもこんな事ができるんです。

「やろうと思えば誰だってできるんだな~」と思いましたね。

日本に戻ってきたらどうなるのか?

もちろん現在の友人は日本で仕事をしている訳ではないので、こっちに戻ってきたら無職です。

多くの人はこれも理由の1つとしてあるから行動に移せないんですよね。

でも恐らくですが、この友人は日本に戻ってきても生活に困ることはないんじゃないかと思います。

オーストラリアで農家を始めるくらいですからね笑

日本なんてホームならいくらでも仕事にありつくことができるでしょう。

私自身もオーストラリアで農家とまではいきませんが、日本で正社員することにこだわる意味はないと思っています。

自殺するほど仕事が辛いのになぜ辞めないのか?」にも書きましたが、もっとみんな気楽に生きていったほうがいいんじゃないかなって。

さいごに

ちょっと久々に連絡がきた友人の話しを聞いたら衝撃を受けたんですけど、あらためて思いました。

「小さい日本で一生仕事に追われて生きていくのはもったいない」と。

先のことなんて誰にも分かりませんし、いつ死ぬのかも分かりません。

そんな老後の心配をするよりも今を楽しむべきだと思うんです。

それも、できれば若ければ若いうちがいいと思います。

それは、再就職という保険の為ではなくて体が元気で自由に動かせるからです。

老後にお金だけあっても、その状態からオーストラリアで農家なんて始めようと思いませんしできませんよね。

会社員であることはメリットも沢山ありますが、私はそれよりも自由を奪われるというデメリットのほうが大きいと感じています。

人それぞれ考え方や生き方は違うので、正社員をしながらでも日々の生活に満足している人を否定するつもりはありませんが、会社に無理やり通っているような人はもう少しだけ視野を広げてみるのもいいと思います。

小さい日本の、更に小さな会社という世界だけにいると自分自身も小さい人間になってしまいますよ。

人生意外となんとかなります。

-仕事, 生活