より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

注意点 買取

宅配買取で品物を上手に梱包する方法!ダンボール箱は大きさも重要!

宅配買取では多くの場合、送られてくるダンボールに品物を詰めて業者に送り返しますが、たまに残念な詰め方(梱包)をして送る人がいます。

適当な梱包でも品物が壊れたりすることは中々ありませんが、もしも高額な品物や大切な品物が輸送中に破損してしまったら大変ですよね?

一応ヤマトや佐川では破損した場合でも保障はありますが、やはり事前にしっかりと梱包をして送るべきだと思います。

これは宅配買取だけではなく荷物を送る時の様々な場面で役に立つと思いますので、頭の片隅にでも入れておくといいと思います。

スポンサーリンク

NGな梱包方法

この写真の梱包(もはや梱包とは言えませんが…)のどこが悪いのか分からない人はいないと思いますが、この状態でダンボール箱を閉じて送るのは絶対に駄目です。

なぜなら、この状態では輸送中にダンボール箱の中で品物が動いてしまって破損の原因になるからです。

 

上の写真の品物は外箱に多少のキズが付いても問題なさそうな物ですが、これが精密機器だったりしたら壊れてしまうのは目に見えてますよね。

続いてこの写真の梱包ですが、これも駄目です。

 

最初の写真よりはマシに見えますが、品物の横や上に隙間がかなりありますので結局1枚目の状態と変わらず意味がありません。

 

ヤマトや佐川は荷物を赤ん坊のように扱ってくれる訳ではありませんので、ダンボールを閉じた状態で横や縦に振ってみて音がするようではいけません。

上手な梱包方法

品物の詰め方

理想的な状態はこれです。

隙間がありませんので、どんなに横や縦に揺らしても中の品物は動きません。

こういう詰め方をすることで輸送中の破損はほぼなくなります。

 

でもこれは、本だからこんなにピッタリと収まっているだけで、普通はここまで綺麗にピッタリと収まりません。

 

どうしても横や上に必ず隙間ができてしまうものです。

 

では、隙間ができてしまったらどうするか?

 

埋めればいいんです。

これは中途半端に紙を詰めているから駄目なだけで、どうせ詰めるならもっと大量に紙を詰めてしまえばいいんです。

新聞紙を丸めた物を沢山詰めたり、ダンボール箱の切れ端を四角や三角に折ったものを詰めて隙間をとにかく埋めます。

 

売り物ではない新聞紙などを沢山詰めるのはゴミを詰めるようで悪い気がする人もいるかもしれませんが、全くそんなことはありません。

 

買取る業者側からしても、「この人は丁寧に梱包してくれてるなぁ」と喜んでくれますし、品物が破損しないことが1番大事なことです。

 

本当はプチプチを使って品物自体を包むとより安全なんですが、宅配買取でそこまでする必要はないでしょう。

プチプチはそこまで高くありませんが、物を売ってお金をもらうのが目的なのに逆に梱包資材でお金を使ってしまっては本末転倒ですからね。

 

ただ、ヤフオクなどに出品していて継続的に品物を送る機会がある人は是非用意しておきましょう!

色が移りやすいものは個別に包む

洋服を送る時なんかには特に注意しておきたいことなんですが、色移りしやすい物は個別に新聞紙で包むか紙袋などに入れてダンボール箱に詰めます。

じゃないと皮製品などの色が洋服に移ってしまって、本来高く売れるはずの物が買取不可になってしまうこともあります。

ダンボール箱の閉じ方

ダンボール箱は必ずガムテープで十字に留めます。

真一文字に横だけ止めるのと、十字に留めるのとではダンボール箱の強度にかなりの差がでます。

 

特に重さがある品物の場合は、底を十字に留めておかないと輸送中に抜けてしまう可能性がありますので、必ず底は十字に留めましょう。

ダンボール箱の大きさに気をつける

多くの宅配買取業者では、あらかじめ送ってもらうダンボール箱の大きさを指定をすることができます。

そこで、「あとで品物が増えるかもしれないから大きめをお願いしておこう」なんて思って大きいサイズをお願いする人が多いんですが、これは間違いです。

 

大きいサイズをお願いしたのに送る品物が少ないと結局隙間を埋めるのが大変になりますし、重たい品物は小さいダンボールに詰めた方が安全なんです。

 

例えばですが、5キロのダンベルを大きな箱の真ん中に置くのと小さな箱に置くのとではどう違うのか分かりますか?

 

ダンボール箱を運ぶ時は端を両手で持ちますが、大きなダンボール箱の中央に重たい物が入っていると底が抜けやすくなるのはなんとなく想像できますよね。

 

なのでダンボール箱の大きさは、できれば品物の重さまで考慮できるとベストですね!

さいごに

品物を梱包するコツは、

  • 隙間をできるだけあけないこと
  • 色が移りやすい物は個別に包むこと
  • ガムテープは十字に留めること
  • ダンボール箱のサイズに気をつけること

です。

 

新聞紙だらけになって梱包の見た目が悪くなったっていいんです。

重要なのは中の品物ですからね。

 

品物が破損したら結構厄介ですよ?

どの時点で破損したのかを特定したりしなければいけませんからね。

 

ここで思い出しましたが、品物を送る前の状態を写真に撮っておくといいと思います。

梱包して最後にダンボール箱を閉じる間際に1枚撮っておきましょう!

-注意点, 買取