より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

古着 注意点 買取

リサイクルショップや古着屋に家電や洋服を売る時は季節が大切!

基本的に、なにかを売りたいと思った時は、あなたが売りたいと思った時が売り時だと思いますが、少しでも高く売りたいなら売る季節に注意しなければならないものがあります。

 

売る季節に注意が必要なもの…。

それはタイトルにもあるように、

 

家電や洋服です!

 

家電や洋服はいつ売っても買取価格が同じという訳ではありません。

これは知らないとちょっと損なので、不用品を少しでも高く売りたいと思ってる人は注意しましょう!

スポンサーリンク

売る季節が大切なもの

売る時に季節が関係してくるものを軽く書きますと、

  • 扇風機
  • かき氷器
  • アイスクリームメーカー
  • ストーブ
  • ヒーター
  • 加湿器
  • コート
  • ダウンジャケット
  • パーカー
  • スカート
  • Tシャツ

などです。

ほんの一部しか書いてませんが、どれも夏か冬に使うアイテムですよね!

そう、買取に重要なのは夏と冬なんです。

逆に言えば、春物や秋物はそこまで売る季節を考えなくてもいいと思います。

 

もちろん、上に書いた物以外でも夏や冬に使う家電や洋服は売る前に季節を考えてみましょう。

 

では、夏物や冬物はいつ売ればいいのか?を次で説明します。

夏物や冬物を売る時期

夏物や冬物はそのシーズンに使い終わって、いらなくなったから売ろうと考える事が多いと思いますが、それでは遅すぎます!

また、夏物は夏、冬物は冬に売るのがいいと考えてしまいがちですが、それも違います。

 

季節ものを売るベストなタイミングは、

夏物は春、冬物は秋です!

具体的には、夏物であれば5月~7月頃。冬物であれば10月~12月頃です。

 

最悪、夏物は夏、冬物は冬に売ってもいいんですが、その場合はシーズンに入ってすぐの時にしましょう!

なんで夏物や冬物はシーズンの少し前に売ると高いの?

これはリサイクルショップや古着屋に限ったことではありませんが、

夏にダウンジャケットや暖房器具、冬にスカートや冷房機器はあまり見かけませんよね?

あるとしてもシーズンの真っ最中に比べると極わずかです。

 

という事は、店側からしたら夏物を10月に買取ったり、冬物を5月に買取ってもすぐに店頭に並べる事(販売すること)ができないので、お店は半年以上買取った商品を寝かせてしまうことになります。

買取った商品を半年以上寝かせると、

  • 保管中にキズや汚れが付く
  • 壊れたり、破れたりする
  • 保管中になくなる可能性がある
  • 倉庫が狭くなる
  • 家電の場合、年式が古くなる
  • 次の季節には流行らないかもしれない
  • そもそも売れないので利益にならない

というような様々なリスクが店側に生じます。

 

なので、夏物や冬物はシーズンの少し前に売ると、店側も買取った後にすぐに販売することができるので比較的に高く売る事ができるんです。

先ほど最悪シーズン中に売ってもいいと書きましたが、シーズン中だと売れ残る可能性が出てくるので、やはり買取に出すベストなタイミングはシーズンの少し前でしょう。

シーズンの前と後ではどれくらい買取価格に差が出るの?

シーズンの前に売るのと後に売る場合の買取価格の違いは、売りたい家電や洋服にもよりますが、数百円~数千円です。

これは売りたい物の元の値段や、メーカー、ブランドなどによるのでなんとも言えない部分ではあります。

 

なんだ、たかが数百円か…。と思いましたか?

 

数百円の差でも意外と馬鹿にできません!

 

1つだけなら数百円の差でも、数があれば数千円になります。

これは大きな差だと思います!

 

数千円の違いも気にしないのであれば、ゴミに出したほうが余計な労力を使わなくて済むので、そのほうがいいんじゃないでしょうか?

まとめ

夏物や冬物を売るのはシーズンの少し前がベストだということを覚えておきましょう!

とはいっても、色々な事情でシーズン中やシーズンが終わった後に売らなければならないときもあると思います。

そういった場合でも買取ってくれないという訳ではないので、店に遠慮することなく売ってしまいましょう!

 

ユニクロでも大丈夫!ノーブランドの古着も買取ってくれるお店

-古着, 注意点, 買取