より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

生活

毎日悪夢を見てしまう原因と怖い夢の改善・対処方法

毎晩のように悪夢ばかり見ることはありませんか?

特に昔の思い出したくない事や、誰かに追われて逃げる夢は誰もが1度は見たことある夢だと思います。

悪夢を見た後の目覚めは最悪で、なんか寝起きから疲れてしまいますよね。

また、酷い時は夢のことを一日中忘れられないで過ごす日も…。

悪夢を見てしまう原因は様々ですが、原因を理解して改善すれば悪夢を見ることを減らすことができます。

もし、あなたが悪夢に悩んでいるのなら睡眠を改善して悪夢から開放されましょう!

いい夢を見て起きると、とっても気持ちのいい1日を送ることができますよ。

スポンサーリンク

まずは自分の睡眠状態をチェックしてみる

あなたは自分が毎日どれくらい深い睡眠が取れてるか?寝つくまでの時間はどれくらいなのか?などを正確に把握してますか?

把握してないし、把握する必要もないと思われるかもしれませんが、自分の睡眠の傾向を知るのはとても大事なことです。

睡眠時になにかしらの問題があり、快適な睡眠が取れてないから悪夢を見るわけですので、自分にとって快適な睡眠に必要な課題を知って改善をする為の行動を日々実行することが重要です。

これはオムロンの睡眠計ですが、あなたの日々の睡眠状態と改善に必要な情報を知ることができます。

まずは毎晩の睡眠状態をチェックしてみることから始めてみましょう!

悪夢を見てしまう原因と対処法

ストレスを溜め込んでしまっている

人間は日常生活の中で知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでしまいます。

日中に受けたストレスを自分なりには解消してるつもりでも、寝てる時の脳は夢の中でもストレスを整理、和らげようとしますので結果的に悪夢を見ることになります。

また、ストレスが溜まると睡眠中に呼吸が浅くなって睡眠の質が悪くなり、中々ノンレム睡眠(深い睡眠)に切り替わりません。

レム睡眠(浅い眠りの時)が続くことで夢の内容や朝の寝起きに影響が出ます。

対処法 日常生活のストレスを減らす

気分転換が通用しない程ストレスが溜まっているから、悪夢を見てしまうんです。

簡単なことではありませんが、出来る範囲内でストレスの原因を遠ざける努力が必要です。

普段自分がストレスを感じることが多い環境にいる時間を極力減らしましょう。

ストレスだけはどうにもならない事が多いですが、やはり日々の溜まってしまったストレスを自分なりに解消してあげることが安眠に繋がります。

自由な時間がある時はできるだけ趣味や好きなことを積極的に行いましょう!

眠る環境や体になにか問題がある

    • 暑過ぎる部屋
    • 寒すぎる部屋
    • 寝にくい枕
    • 重い布団
    • 寝苦しいパジャマ

など、なにかしら体に不快感を感じる状況は眠りの妨げとなり、夢にも反映されます。

例えば、暑くて喉が渇いてる状態で寝てると、砂漠を歩いて汗だくなのにオアシスにどうしても辿りつけなくて干からびてしまった!という夢を見るかもしれません。

また、風邪を引いたりして体調が良くない時は特に悪い夢を見がちになります。

対処法 眠る環境を整える

部屋の温度や湿度に問題があるのならエアコンなどを使って快適な空間を整えます。

寝る時の服装はゆったりとした締め付けのないパジャマにします。

また、寝具に問題がある場合も多いので、思い切って新しいものに買い換えてしまうのも1つの手です。

自分にあった寝具を探してみましょう!寝具を変えることで驚くほど睡眠の質が改善することもあります。
明日から快眠!老舗布団メーカー仕立てのお布団

「沈む」のではなく、「浮く」心地よさ【The Pillow (ザ・ピロー)】

寝る前の悪い習慣

  • 食べてからすぐに寝てしまう
  • 寝酒をしている
  • 布団に入る直前までスマホやパソコンをやっている

寝る前にこれらの習慣があると眠りが浅くなり、悪夢の原因となります。

対処法 悪い習慣をやめる

こればっかりはあなたの習慣ですので、意識して習慣を断ち切るしかありません。

寝酒の習慣がある人は改善するのも一苦労ですが、節酒をしたり休肝日を増やすなどの努力が必要です。

心地よく眠るための準備をする

自分自身の悪夢の原因を改善するとともに、眠りやすい状況を作ってみましょう!

  • いい香りのアロマを使う
  • リラックスできる音楽を軽く流す
  • 抱枕やぬいぐるみを抱いてみる
  • 寝る前は照明を暗めにする

寝る前には体と心をできるだけリラックスさせてあげます。

リラックスして安心する事で悪夢の予防になりますし、入眠もスムーズになります。

悪夢を見てしまったら

悪夢で目覚めてからまた2度寝をする時や、朝起きた時に夢を思い出していませんか?

特に2度寝は悪夢の影響で気持ちが高まり、神経も敏感になっています。

こんな時に悪夢を思い返すのは、再び悪夢を見る原因となります。

本当はなにも考えないのが1番ですが、とりあえず悪夢の事は忘れて、いいことを思い返しましょう!

それでもどうしても悪夢が頭から離れない時は、頭の中で「あーー」と発音し続けましょう。

単音を発音し続けることで、なにかを考える隙を脳に与えません。

さいごに

毎日悪夢を見ることは精神衛生上よくありません。

「最近悪夢ばかり見るな~」と感じたら悪夢を見る原因を知り、早めに改善しましょう!

グッスリ快適に眠れる!辛い睡眠不足を少しでも解消する方法

それでは!

-生活