より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

買取

高く売るコツ!不用品を買取店に売る時は馬鹿正直になる必要はありません

せっかくなにかを売るなら少しでも高く買取ってもらいたいと思いますよね?

 

それなら、

 

なんでも正直に買取店に伝える必要はありません!

 

特に、お店に直接品物を直接持ち込んで売る場合は余計な事は言わないほうが無難です。

これは、年齢をごまかすとか嘘をつくとかそういったことではないですよ?

正確には、「聞かれないことはわざわざ教えなくていい」という事です。

これだけだと何を言っているのか分からないと思いますが、不用品を少しでも高く売りたいなら結構重要なことなので、これから書くことは覚えておいて損はないですよ!

ちなみにこれは過去に私が買取る立場だった時に「あ、この人ちょっともったいない事したな~」と、いつもと感じていたことです。

スポンサーリンク

はじめに

まず最初に、不用品の買取の基本的な事を覚えておきましょう!

  • 売った後の品物は基本的に返してもらうことができない
  • 買取店側は品物を買取った後に返金の請求はできない

これがどういう事かというと、あなたが買取店に何かを売った後に「やっぱり返してもらいたいな」と思っても、一度お金を受け取ってしまったら基本的に品物を返してもらうことができないということです。

また、買取店側も一度品物を買取った後になにか不具合などが見つかったとしても、お客さんから買取ったお金を返してもらうことはできないということです。

キズや汚れ、その他品物の欠点になることは言わなくていい

今回は仮にあなたが液晶テレビを売りたいとします。

液晶テレビには、

  • 正常に動作するか
  • キズや汚れはないか
  • 付属品は揃っているか

こういった査定ポイントがあります。

ほかにも年式やメーカーなどもありますが、今回の内容には関係ありません。

液晶テレビに関しては、この3つのポイント全てが新品の状態に近ければ近いほど買取価格が期待できるのは分かると思います。

 

そして、多くの人はこの液晶テレビを買取店に売る時に、

  • ちょっとここにキズがあるんですけど…
  • 取れない汚れがここに…
  • ケーブルが一本足りなくて…
  • 正常に機能しない部分があるんですけど…

こういった事を店員に聞かれてもいないのに話し始めますが、

 

品物の欠点を正直に話す必要はありません!

 

別に正直に教えないことは嘘をついているという事にはなりません。

だって、あなた自身でも気づかなかった汚れやキズがあったり、付属品が足りていない場合だってあるかもしれませんよね。

 

わざわざ自分から買取価格が下がるようなことは言わなくていいんです!

 

もしその液晶テレビの機能に問題があったのに、そのまま問題なく買取ってもらえたとします。

買取店側は後になってその不具合に気づく訳なんですが、そこであなたに返金を請求してくることはありません。

それは、査定の時点で問題に気づけなかった買取店側に落ち度がありますし、買取店側はあらゆるリスクを覚悟の上で買取をしなければいけないからです。

なので、後になって問題が見つかったからってお金を返してもらうというような都合のいい事はできないんです。

そもそも、なにか品物を売る時は同意書にサインをするんですが、そこには必ず「品物の所有権が移る」ことが記載されているはずです。

 

お金を受け取った時点であなたの所有物ではなくなっているんです。

 

逆に言えば、あなたが売った後に品物を返して欲しくなったとしても、それはもうあなたの所有物ではないので返してもらうことができないという事なので注意しましょう!

聞かれたら嘘はつかないようにしましょう

聞かれていないことをわざわざ自分から話す必要はありませんが、聞かれたことに対して嘘を答えるのはやめておきましょう。

質問に対して嘘を答えたり、問題を故意に隠蔽した場合は後になって問題が発覚した時に責任を追求される可能性が0ではありません。

少額の買取ならマシですけど、極端に言えば車の買取なんかでは大きな問題になることがあります。

品物のいい所は積極的にアピールしましょう!

なにも聞かれなくても、品物のいい所は積極敵にアピールするようにしましょう!

  • こんなに大事に使ってきた
  • 使用頻度が少ない
  • 希少性がある
  • マニアにとっては価値がある

こういった事をどんどんアピールすることで、お店側も安心して査定をすることができるんです。

例えばブランド品って何周年記念とかコラボ限定品とか特別な物がありますよね?

そういった品物は中古市場にあまり出回っていないので、お店側は存在すら知らないことも多いんです。

そこであなたが、「○周年記念で作られた特別な物なんですよ!」とか「○○とコラボしてる品物だから珍しいんです!」という様に教えてあげると買取店側も高い値段を付けやすくなるんです。

そもそも宅配買取なら会話がない

いままで書いたことは全部「店頭買取」の話です。

お店に直接持ち込むから余計な会話や探り合いが生まれるのであって、宅配買取の場合なら買取店側が用意した項目に必要事項を入力して品物を送るだけです。

私が不用品を売る時に宅配買取をおすすめするのはこういった理由もあるからなんです。

 

当サイトの宅配買取記事はこちら

さいごに

私が買取店に勤めていた時に品物を査定していると、「ここにキズがあるんですよ~」なんてお客さんが教えてくれました。

私はそのキズに気づいていなかったんですが、キズを教えてもらったことで本来仮に5千円で買取る予定だった物でも3千円にしたりしました。

買取る私からすれば凄くありがたい事だったんですが、同時に「この人ちょっともったいない事したな~」と思っていたんです。

今回例に出した液晶テレビですが、正直買取店は査定する時に全ての機能をチェックすることはほとんどありませんし、隅から隅までキズや汚れのチェックをする訳ではありません。

ある程度はお客さんとの会話の中で判断している部分もあるんです。

なので、後になって問題が見つかっても、査定の時に重要なことを聞かなかったりチェックをしないで買取ったお店が悪いんです。

 

ただし、聞かれたら嘘は付かないようにしましょう!

-買取