より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

古着 買取

古着買取の基準!洋服はどれくらい前までの物なら売ることができるのか?

一般的な買取店で家電を売る時は、それが製造されてから大体5年以内の物が買取の対象になります。

それ以上古い物になると、たとえ新品であっても買取ってもらうことができません。

ここまでは結構知っている人も多いんじゃないでしょうか?

 

では、

 

洋服はどれくらい前の物までなら売ることができるのか?

 

洋服を売りたいと思った時に疑問に思うことの一つだと思います。

 

答えを先に言ってしまうと、

 

洋服に古さは関係ありません!

 

でも、だからといってどんな洋服でもいいという訳ではないので、注意が必要です!

スポンサーリンク

洋服買取の基準

なぜ家電製品が5年以内の物じゃないと買取ってもらえないのかというと、故障の確率が上がることや性能が古い家電は誰も欲しがらないという理由があるからです。

アイフォンだって、たとえ新品でも今から初期型を買おうなんて思わないですよね?

 

でも、洋服ってある日突然破れたりする物ではないですし、性能に大きな差なんてありません。

だから、洋服の買取に古さは関係ないんです。

 

洋服を売る時の最大のポイントは、

 

デザインです!

洋服は古くてもデザインがよければ売れる!

洋服はダメージがなければ、デザイン次第で古くても売ることができます。

それこそ10年以上前の洋服だって売ることができるんです。

どういうデザインの洋服ならいいの?

これは難しいんですが、洋服屋さんに直接行って並べられている洋服を見たり、インターネットからZOZOなど洋服を見てみるのが一番です。

あとは、あなた自身が「これなら今着てもおかしくない」と思える洋服なら問題ありません。

 

今風のデザインを説明するのは難しいですが、要は当たり障りのないデザインならいいんです。

 

逆に、このデザインの洋服は駄目!という物なら簡単です。

例えば、バブルの頃に流行った「肩パッド入りのジャケット」なんかは絶対に売ることができません。

 

理由はもちろん、

 

デザインが古すぎるからです!

 

今時肩パッドがこんもり入った洋服を着ている人なんていませんよね?

 

このように、流行りや廃りがある洋服は売る前に確認しておいたほうがいいですね。

デザインが古くても資源としての買取や寄付をすることはできるかも

デザインが古くて洋服としての買取ができない物でも、資源として洋服を買取っていたり、最悪無料で引き取ってくれるお店も存在します。

 

お金にならないなら捨ててしまおう…

 

と、考えるのではなく「捨てるよりはマシ」と考えてみてはいかがでしょうか?

どうせ売れないから捨てるのではなく、買取ってもらえないなら無料で寄付するという考え

デザインがよくても売れない洋服はあります

たとえデザインに問題がなくても色々な理由で買取を断られてしまうことがあります。

 

破れていたり、穴が空いていたりしたら駄目なのはもちろんですが、ほかにもこんな洋服は買取を断られてしまいますので、売る前に確認しておきましょう!

  • 過度な破れ、傷みがひどいもの
  • 汚れ、カビなどがひどいもの
  • 臭いがきついもの
  • 濡れているもの
  • 学生服、ユニフォーム(制服)
  • 使用済みの靴下、下着類
  • 剣道着、柔道着、水着など
  • その他資源として 再利用できないもの

参考記事:洋服を売る前には絶対に確認しよう!古着買取の注意点

 

また、買取店によって、和服やスーツは買取不可とか買取ブランドに制限がある場合もあります。

さいごに

洋服の買取に古さは関係ありません。

大事なのはあくまで「デザイン」や「状態」です。

 

洋服を売りたいけど、かなり古いからどうせ売れないだろう

 

なんて売る前から諦める事はありません。

 

そこまで時代遅れの洋服じゃなければきっと売ることができると思いますよ!

 

参考記事:ノーブランドの洋服も売ることができる!ユニクロの古着も買取ってくれるお店

幅広い取扱いブランドでおすすめの宅配買取サイト「古着買取王国」の公式サイトはこちら >>【古着買取王国】

 

宅配買取業界人気ナンバーワン!「ブランディア」の公式サイトはこちら>>ブランディア宅配買取

 

ブランド衣類を高く売りたいなら「フクウロ」がおすすめ!公式サイトはこちら>>フクウロの宅配買取サービス

-古着, 買取