より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

お酒 禁酒

長期間禁酒していたのに再飲酒(スリップ)してしまう原因

禁酒に終わりはありません。(断酒と禁酒という言い方がありますが、ここでは禁酒と書きます)

一定の期間お酒を飲まない期間を決めて、それを達成できれば禁酒成功と言えるかもしれませんが、そうではなくて「一生お酒を飲まない」と決めた人にとっては、禁酒は死ぬまで一生続くものです。

この死ぬまで禁酒を続けるというのは非常に困難と言われていて、長年禁酒を続けている人でも、ある瞬間に再飲酒(スリップ)してしまうみたいです。

しかも、再飲酒が始まると以前と同等かそれ以上に飲むようになってしまうのが怖い所ですね。

なんで長年禁酒を続けている人でも、また再飲酒してしまうのか?

今回は、再飲酒(スリップ)してしまう原因をいくつか書いていくので、もし同じような状況になったら「これは危険だな」と判断して、事前に回避してもらえればと思います。

スポンサーリンク

もう飲んでも平気なんじゃないのか?

禁酒の理由は人それぞれですが、「一生禁酒をする」という意思で禁酒を始めたからにはそれなりの理由があるはずです。

禁酒を始めたばかりの頃は決意が強いので、ちょっとした飲酒の誘惑くらいなら禁酒することになった理由を思い出せば耐えられるものです。

でも、禁酒した時の決意や気持ちって、時間が経てば忘れていくものなんですよね。

長期間禁酒していると、お酒を飲まないのが当たり前になって「自分はもう大丈夫なんじゃないか?」と思う時があります。

「今ならコントロールして飲めるんじゃないか?」とか、「体調が良くなったから少しくらい飲んでも大丈夫じゃないか?」とか、「ちょっとだけ試してみようかな」なんて事を考えてしまう時必ず来るんです。

そこで、お酒に手を出して飲んでしまったらお終いですね。

ですが、多分長期間禁酒している人ほど、こんな事だけじゃ再飲酒しないと思います。

私もそうなんですけど、「せっかくここまで禁酒を続けてきたのに、ここで飲んだら終わり」という気持ちがあって、単なる好奇心で飲んでしまうのがもったいないと感じるんです。

なので、「もう飲んでも大丈夫なんじゃないのか?」という気持ちだけで再飲酒してしまう事は少ないと思いますが、ほかの原因も重なってしまうと、どうなんでしょうか。

偶然お酒を口に入れてしまう

これ、実際に私が経験した事なんですけど、私は禁酒をしながらもノンアルコールビールは飲んでいました。

禁酒している人はノンアルコールビールも飲んでは駄目という話も聞きますが、それは置いておいて。

私の中ではアルコールが入ってないからノンアルコールビールはセーフです。

それで、以前こっちの記事に書いたんですが、「1年7ヶ月で禁酒に失敗!私がお酒を飲んでしまった理由

ノンアルコールビールだと思って買って飲んだものが、実は本物のビールだったという事がありました。

その時は結局捨てるのはもったいないという理由と、興味本位で1本空けたんですよね。

その時の私の頭の中では、

  • 久々のお酒は美味しいだろう?
  • ビール1本じゃ足りないだろう?
  • 明日からも飲みたいだろう?
  • 体が回復してるから飲んでも平気なんだよ

こんな考えが浮かんでいたんです。

 

これは強烈でしたよ

 

多分ですけど、「もう飲んでも大丈夫なんじゃないか?」→「実際に飲んでも大丈夫だった!」というコンボにやられてしまう人は多いんじゃないでしょうか。

それが、例え自分の意思で買って飲んだお酒ではなくて、あくまで偶然口に入ったものであったとしても、お酒を口にした瞬間にこういう考えが頭の中に湧いてくるんです。

結局そのビール1本限りで私はお酒を口にしていませんが、再飲酒への道に一歩進んだ考えます。

なぜなら、長期間禁酒したことにより「もう飲んでも大丈夫なんじゃないか?」という考えができ、更に「実際に飲んでも大丈夫だった」という考えが加わったからです。

なにか感情を抑えられないような事が起こる

実際に再飲酒(スリップ)した人の話を聞くと、「感情を抑えられない事が起こった時に手を出してしまった」という人が多いんですよね。

怒りだったり悲しみだったり。それが自分で抑えられないほど高まった時、お酒に手を出してしまったそうです。

 

脳は過去にアルコールで酔った感覚を忘れませんから、

 

酒を飲めば楽になるんじゃないのか?

 

と、元酒飲みなら考えてしまうのは当たり前ですよね。

 

でも、

 

きっと飲んだら後悔するだけ

 

です。

 

「もう飲んでも大丈夫なんじゃないのか?」+「実際に飲んでも大丈夫だった!」+「抑えきれない感情」が重なると、どれほどの飲酒欲求になるなのかは分かりませんが、ここまで重なっても飲まなかった人だけが死ぬまで飲まないでいられる人なんでしょうね。

ストレスだけは本当に注意!

禁酒時の最大の敵はストレス

禁酒を始めたばかりの頃だと思いますが、こんな記事を書きました。

禁酒を続ける上で一番怖いのは、やっぱり感情の変化かなと思います。

お酒以外の楽しみを見つけるのは大変ですけど、なにか見つけておかないと、いざという時の再飲酒欲求が止められないかもしれません。

再飲酒(スリップ)してしまった人

再飲酒(スリップ)してしまった人の多くは後悔しています。

諦めずに禁酒を一から始める人もいれば、そのまま落ちる所まで落ちる人もいます。

どっちにしても、本人にとっては後悔しかないんですよね…。

ちなみに、再飲酒(スリップ)をしてしまうと、次の禁酒の難易度は上がるそうですよ。

だから何度も「再飲酒→禁酒」を繰り返している人が多いんですね。

さいごに

一生禁酒をすると決意した人にとって、

 

もう飲んでも平気なんて事は一生ありません

 

死ぬまで飲まないでいるしかないんです。

 

禁酒って慣れれば当たり前の事で普段は辛くないんですけど、慣れた時が怖いです。

車の運転もそうですよね?慣れた頃に事故を起こします。

 

常に気を引き締めて、

 

「自分はアル中だから決して酒を飲んではいけない!」

 

という気持ちを忘れないのが一番大事だと思います。

この記事のカテゴリ一覧はこちら>> -お酒, 禁酒