より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

買取

引越し時の不用品を処分・片付ける方法まとめ

引越しの時に必ず必要になるのが、いらない物や買い替える予定の物の処分ですよね。

まず、不用品を片付ける方法は大きく分けて二つです。

  • 売る
  • 捨てる

ほかにも「人にあげる」という選択肢もありますが、簡単にもらってくれる人がいれば最初から困っていませんよね。

時間に余裕があって少しでも引越し費用の足しにしたいと考える人ならまず「売る」ことを考えると思いますが、逆に急いでいたりわざわざ売るのが面倒な人は「捨てる」事を考えていると思います。

でも、売るにしても捨てるにしても、引越しで出てくる不用品は小物などの小さい物からベッドのような大きな物まで様々ですので、何が売れて何が売れない物か分からなかったり、捨て方すら分からない物だってあると思います。

そんな、引越し時に出てくる不用品はこうやって片付けます!

スポンサーリンク

不用品を売る方法

まだ使える物は捨てずに売ってお金にするのが一番です!

忙しくて時間的に難しかったり、引越しシーズンは買取店自体が混み合いますので利用できない事も多いんですが、できれば一番最初にやっておきたい不用品の片付け方ですね。

売れないもの

まずは売ることができない物を知っておいて、あらかじめ分けておくと片付けはスムーズに進みます。

色々な物がごちゃごちゃ混ざってると、何がなんだか分からなくなりますからね。

売れそうなものはこっち!売れないから処分する物はこっち!というように分けてみましょう!

  • ベッド
  • 布団
  • 絨毯(カーペット)
  • カーテン
  • 使用済みの食器
  • 婚礼家具
  • 5年以上経過した家電製品

かなり大雑把に書くとこんな感じですが、主に家具と家電製品は注意が必要です!

家電製品に関しては製造から5年以内ということだけ覚えておけば問題ありませんが、家具は判断が難しいところです。

  • キズや汚れ
  • 組み立て式かどうか
  • デザインの良し悪し
  • 有名ブランドかどうか

買取店はこういった事を総合的に判断します。

家具に関しては自分で売れるか売れないかの判断は難しいと思いますので、業者に直接見てもらうのが一番早いです!

自分で最初に売ることができない物を分けておくのが理想ですが、どうしても判断できなければ全部売ってみるというのも一つの手ですね。

リサイクルショップなどに売る

不用品を売ろうと思ったら真っ先に思いつくのがリサイクルショップですよね。

引越し時の不用品の片付けにリサイクルショップをうまく使えば、ラクでお得に片付けられる可能性はあります!

引越しの際には積極的に利用してみましょう!

リサイクルショップに売るならこれ!

リサイクルショップは基本的にどんな物でも買取ってくれますが、できれば品物によって売り方を変えたほうがいいです。

例えば、ブランド品や洋服などは後に書く「宅配買取」を利用するのが賢い選択です!

 

では、リサイクルショップに何を売ればいいのか?ですが、それは家具や家電などの大きな品物です。

これらは宅配買取で売ることが難しい品物ですし、多くのリサイクルショップは家具や家電の買取を得意としているからです。

店頭買取

自分でお店まで運ぶ事が可能ならそうするのが一番です!

店頭買取なら手っ取り早くその場で現金を受け取れますし、出張買取よりも比較的高く売れる可能性があるからです。

とはいっても、タンスやソファーをお店に持ち込むのはかなり大変ですし、もし売れなかった場合はショックが大きいので無理をしないで出張買取をお願いするのがいいかもしれません。

怪我をしてしまったら元も子もありませんからね。

出張買取

リサイクルショップを利用して不用品を売るなら出張買取をおすすめします!

正直、店頭買取を利用するくらいなら宅配買取のほうが便利で高く売れるからです!

出張買取で直接家まで来てもらって、家具や家電を引き取ってもらう事こそがリサイクルショップを利用するメリットです。

ただ、やっぱり考える事はみんな同じなので出張買取の予約を取ることはかなり難しくなりますし、繁忙期の買取価格は通常時に比べると期待できません。

宅配買取で売る

ダンボール箱に収まる大きさの物なら宅配買取で売るのがおすすめです!

宅配買取なら全国どこからでもいつでも好きな時に利用することができますし、リサイクルショップの店頭買取よりも高く売れることが期待できます。

特に、引越しの時に洋服が邪魔になる人は多いと思いますが、そういった物は宅配買取で売るのがピッタリです!

参考記事:ノーブランドの洋服も売ることができる!ユニクロの古着も買取ってくれるお店

また、宅配買取で心配なのは手数料や送料だと思いますが、基本的には無料でりようできますので安心して大丈夫です。

宅配買取ってなんか面倒くさそうという人もいますが、ゴミ袋にゴミを詰めて捨てに行くのと大して手間は変わりませんよ!

メルカリやヤフオクで売る

少しでも引越し費用を浮かせたいならヤフオクやメルカリに出品して売るのが一番です!

それなりに手間はかかりますが、不用品を最も高く売ることができる方法だからです。

ただ、なにかトラブルが起きた場合は予想以上に手間や時間がかかってしまいますので、引越し時にはあまりおすすめできない売り方ではあります。

普段からヤフオクやメルカリに出品をしていて慣れている人ならいいかもしれませんね!

不用品を処分する方法

本当は売りたいけど忙しくて時間がない人や、売るのが面倒な人は処分を考えると思います。

売れる物を捨てるのは非常にもったいない事ですがやむを得ない場合もありますよね。

でも、捨てるといってもどうやって捨てるのか分からない物もありますし、どうせ処分するならできるだけラクに終わらせたいですよね。

ゴミとして自分で出す

まず家庭ごみなどはできるだけ自分でゴミの日に出しましょう!

できれば家具なんかも自分で粗大ごみに出すのが一番安い処分方法になります。

ただ、ここで分別などにあまり時間がかかっても仕方ないので、分かる範囲で素早くおこなってしまう方がいいと思います。

特にパソコンや電子レンジなどの微妙な家電製品はどうしたらいいのか分からないかもしれませんので、そういった物は業者にまとめてお願いしたほうがいいかもしれませんね!

引越し業者に処分もお願いする

引越し業者の中には荷物を移動させるだけではなくて、不用品の処分も同時におこなってくれる所もあります。

どうしても自分で処分するよりは高くついてしまいますが、やっぱり一度に全部終えることができるメリットは大きいですね!

引越し業者を選ぶ時は処分も同時にしてくれるのかの確認は必ずしておきましょう。

不用品回収業者にまとめて処分してもらう

一応書いておきますが、ここで言う不用品回収業者は町を軽トラで走っている業者の事ではなくて、ちゃんと予約を取ってから引取りに来てくれる業者のことです。

町を走っている軽トラは利用しない方が無難です。

引越し業者にまとめてお願いするのもいいんですが、まとめて処分してしまうと大事な物まで捨ててしまうことになるかもしれませんので、あらかじめできるだけ家の中をスッキリさせておいたほうが後になって困ることが少ないです。

処分料金は引越し業者と同様に結構高めなんですが、自分の体を動かさなくていいので非常にラクです。

 

ちなみに業者に依頼した時の処分料金は大体こんな感じです。

  • テレビ 2000円~8000円
  • 冷蔵庫 4000円~15000円
  • 洗濯機 3000円~8000円
  • 電子レンジや掃除機 1000円~1500円
  • 炊飯器やポットなどの小型家電 0円~500円
  • ベッド(シングル) 5000円~8000円
  • ソファー 2000円~10000円
  • タンス 3000円~12000円
  • ステンレスラック 0円~2000円
  • 食器棚 4000円~8000円
  • テーブル 2000円~8000円
  • 椅子 500円~1000円

大きさによって結構金額に差が出ますが、これよりも大幅に高い場合は注意しましょう!

軽トラ積み放題で処分する

実はこの処分方法は結構おすすめです!

 

理由は、

 

料金が決まっているから分かりやすい!

 

からです。

 

業者によって違いますが、「積めるだけ積んで○○円!」という料金体系は非常にシンプルですよね。

また、中には重さで料金を決める業者もあります。

こちらも非常にシンプルな料金体系ではあるんですが、割りとすぐに上限の重さになってしまうこともあるので注意が必要です。

漫画とか洋服ってまとまると以外に重くなるのであっという間なんですよ。

もちろん多くの業者は追加料金を支払えば上限以上の重さでも対応してくれます。

引越しの時に役に立つ業者

さいごに引越しの時に役に立つ業者をいくつか紹介します。

 

宅配買取なら人気ナンバー1のブランディア >> ブランディア宅配買取

 

ブランド服の宅配買取はこちら>> フクウロの宅配買取サービス

 

子供服の宅配買取ならこちら>> 場所とるキッズ用品を一気に解決!リライフクラブの「キッズ用品買取サービス」

 

引越しと買取を同時に依頼するならこちら >>引越と不用品買取なら[トレファク引越]

 

不用品お片付けの一括見積りはコチラ!

 

こちらはあくまでほんの一部の業者です。

不用品によっては更に適した業者も存在しますので、当サイトの他の買取記事も参考にすると見つかるかもしれません。

 

買取カテゴリーの記事一覧

-買取