より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

仕事

コンビニバイトを5年以上経験してから中小企業に就職した感想

私は18歳くらいから20代の中頃までの間で、コンビニのアルバイトを合計で5年以上経験しています。

 

当時アルバイトをしていたのは、「ファミリーマート」と「ニューデイズ」という誰でも知っているようなコンビニです。

どちらもアルバイトとして働いていましたが、その後とある中小企業に正社員として入社する事になりました。

 

当時の私は、

「こんな自分でも正社員になれるんだ!」

「やっと世間からも認められる正社員になれた!」

「こんな自分を正社員として雇ってくれるとは、なんていい会社なんだ!」

「これで周りに堂々と仕事の事を話せる!」

と、「正社員」という響きだけで大喜びしていました。

 

でも、結論から言ってしまえば中小企業に正社員として入社したことには後悔しかありません。

 

私が入社した会社がおかしいだけなのか世間一般的にそうなのかは分かりませんが、これから中小企業に入社する予定の人の参考になればと思います。

スポンサーリンク

就職した会社

就職した会社の簡単な説明をすると、

  • 社員数20名ほど(アルバイトを含めると50名ほど)
  • 小売業
  • シフト制
  • ボーナスなし

という会社です。

給与、年間休日、有給休暇などの待遇はあえて書きませんが企業の募集内容を見る限りでは「ここはブラックだ!」とすぐに判断できるような条件ではありません。

中小企業に入社して後悔したこと

なにもかもがいい加減

私がアルバイトしていたコンビニは一応王手です。

アルバイトとはいえ、

  • 業務内容(役割分担)がハッキリしている
  • 求人募集内容に偽りがない
  • 時間を守るのが当たり前
  • 休日、休憩時間などがちゃんと管理されている
  • 給与明細がちゃんと明細(笑
  • 一応マニュアルがある
  • 昇給やボーナスなども微々たるものだがあることも
  • 就業時間や休日に変更がない

など、誰もが企業に対して求めることが当たり前のようにされていました。

 

しかし、私が入社した中小企業は全くの逆で、

  • 業務内容は自分で考えろ
  • 求人募集は偽りだらけ
  • 1時間や2時間のサービス残業はあたりまえ
  • 休憩は取れる時に取ってね!
  • 給与明細が明細ではない(笑
  • マニュアルはこれからみんなで作っていきましょう
  • 昇給やボーナスは期待しないでね
  • 休日出勤おなしゃす!

みたいな感じでした。

 

その中でも個人的に特に許せなかったのが休日関係です。

週5日シフト制(月に最低8日の休日)のはずが、気づけば週休1日(水曜日)になっていました。

週休2日が守られていたのなんて最初の3ヶ月だけ…。

本当に気づけば週休1日になってました。

 

もちろん出勤を断った事もあります。

 

でも、

 

別に休んでもいいけど、社員はみんなやってるよ?

 

という、なんかよくわからない圧力に負けました。

今思えば、周りからの風当たりが強くなったとしても意地でも休むべきだったと思います。

 

だって、そんな自分には耐えられない休日日数を5年続けた結果、気づけば会社の奴隷となり最終的には体を壊しましたからね。

 

週休1日くらい普通でしょ?

 

なんて思った人はすでに会社に洗脳されてますよ…。

やたら規則などが厳しい

なにもかもがいい加減なくせに規則だけはやたら厳しかったですね。

入社して最初に読まされたのが、めくるのも嫌になるほどのPDF文章…。

 

今でも覚えているのが、

  • 退社後4年間は同業に務めることを禁止
  • 退社後は会社の人間と一切の関わりを持たないこと
  • 有給休暇は所属長または社長の許可を書面でもらうこと

とかいう意味不明な規則。

 

そもそも有給に書面の許可なんて必要ないし、退社後にまで会社に縛られるとは…。

 

ほかにも山ほどこんな規則を読まされましたが、これって

 

入社前に読ませるべきなんじゃないの?

 

と、単純に思いましたね。

ケチくさい

極力無駄遣いをしないで物を大切にする!

 

とても良いことだと思います!

 

でも、たとえば

こんな販促POPを作ってプリンターで印刷するとしますよね?

すると、

「このPOPはこれで完成なの?」

「完成じゃないなら黒のベタ塗りはインクの無駄だって分かるよね?」

「縁取り印刷だけで十分じゃないの?」

「インクって高いの知ってる?」

と、言った感じでグチグチ言われます。

 

本当は、

「これで完成だと思ってたけど?」

「プリンターなんて使ったことないから知らないし」

「縁取り印刷ってなに?」

「インク代?経費でしょ?」

「そもそも経費としてではなく、社員の自腹で勝ってる訳ですが?」

「文句あるなら自分で作ってくれます?」

「自分で作れないなら文句言わないでもらえます?」

「そもそもこれは私の仕事ではないはずですが?」

と、倍返しで言い返したかったですね笑

 

もちろん言えませんでしたが…。

 

今はインクを例に出しましたが、こんなの序の口で挙句の果てにはセロハンテープの切り方までグチグチ言ってきます。

この会社のやり方にはほかの社員やアルバイトも不満をもらしていましたね。

 

もうね、セロハンテープの切り方まで会社の許可を取ってからじゃないとできないなら

仕事になんかならないですよ!!

従業員同士の距離が近い

会社の規模が小さいと自然と周りとの距離も近くなります。

ちょっと大きな会社なら会社内でも知らない人とかいそうですけど、小さな会社内では知らない人間なんていないですしね。

全体で50人程度なので、学校の1クラスにちょっと毛が生えたような人数です。

 

従業員同士の距離が近い。

それは、人によっては大歓迎な環境なのかもしれません。

 

でも私は会社内の人間と過度に馴れ合う気はありませんでしたし、あくまで仕事は仕事と割り切りたかったんで会社に学生時代のようなノリは期待してないんですよね。

 

結局距離が近いから、

  • 過度に馴れ合うから時間や業務全体が適当になる
  • 馴れ合えば馴れ合うほど言いたい事が言えなくなる
  • 仕事に関係ない話が耳に入ってくる
  • 仲良しグループができる
  • 会社外の付き合いが増える

という事が必然的に起こるわけなんです。

 

まぁ、これは本当に人によると思いますね。

学生のノリで従業員同士仲良く馴れ合いたいなら、中小企業のような人数の少ない会社もアリです。

 

私は周りに合わせて学生のノリを演じていましたが、もしそれができないならきっと会社内で孤立するかと思います。

さいごに

なんかただの愚痴になってしまいましたね。

でも、こんな会社もあるんだよ!って事を覚えておいても損はないですよね。

 

私は大企業に勤めたことはありませんし、就職したのもこの会社1社だけなのでほかの会社の事はわかりませんが、少なくとも

 

コンビニバイトのほうが100倍マシだった!

 

と断言できます。

 

正社員のメリットってなんですかね。

色々な保障や安定と世間からの目でしょうか?

 

でもそれは、

 

辞めた瞬間終わります

 

就職先は本当に慎重に悩んだほうがいいです。

どうせ後悔してやめるくらいならアルバイトのほうがマシですからね。

 

今はインターネットでいくらでも就職先を探せます。

一昔前よりも会社探しの方法は確実に広がっていますので、ハローワークや雑誌などはひとまず置いておいて目の前のスマホやパソコンで職種問わずに色々な企業を見てみることをおすすめします。

 

あっ、書いていませんでしたが、もちろん私はこんな会社とっくに退職しましたよ笑

 

あなたに後で後悔しない会社が見つかりますように。
 

経験や経歴を気にしなくてOK!若者正社員チャレンジ事業

 

好条件で安心できる介護求人をお探しなら、【MedFitメドフィット】

 

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

-仕事