より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

お酒

ノンアルコールビールって健康面ではどうなの?

禁酒をしてる人でもビールの代わりにノンアルコールを飲むという人は多いんじゃないでしょうか?

禁酒中のノンアルコールビールは「あり」か「なし」かの僕の考えはこちらを読んで頂くとして、

禁酒中に久々にノンアルコールビールを飲んでみた

ノンアルコールビールって健康的にはどうなの?ってとこは気になりますよね。

今回はノンアルコールビールの体への影響や効果を書いていきます。

スポンサーリンク

ノンアルコールビールってなにでできてるの?

ノンアルコールビールの主な原料は以下です。

  • 麦芽又は大豆
  • ホップ
  • 香料
  • カラメル色素
  • 酸化防止剤
  • 苦味料
  • 甘味料
  • 酵母(発酵はしない)

苦味料や甘味料など結構添加物が含まれてますね。

こうした添加物はビールの味にできるだけ近づける為に使われるものですが、添加物を摂取するという点から考えると体に良い飲み物とは言えなそうです。

ノンアルコールビールの健康効果

添加物が含まれているのは、ほかの多くの飲み物にも当てはまる事なのでそれは置いといて、実際にノンアルコールを飲むことによる健康効果はどうなんでしょうか?

ダイエット効果がある

ノンアルコールビールには通常のビールよりも「GABA」が豊富に含まれています。

GABAにはインシュリンの働きを促して脂肪を燃焼しやすくする働きがあるので、ダイエット効果が期待できます。

また、ノンアルコールビールにも普通のビールと同様に酵母が使われてます。

酵母には食物繊維も多く含まれてるので、便秘解消にも効果があります。

食べた食材は出さないとその内吸収されてしまいますので、便秘を解消することはダイエットにとても良いことなんです。

ストレス軽減・リラックスさせる効果がある

GABAにはストレスを軽減させてリラックスできる効果があります。

その為、イライラを抑えたり睡眠の質を高める効果が期待できます。

実際にイライラした時にノンアルコールビールを飲んでみましたが、(本当は酒が飲みたかった)心が落ち着いていくらかイライラがおさまりました。

むくみ改善効果がある

ノンアルコールビールに使われてるホップには利尿作用があります。

通常のアルコールが入ってるビールでは水分を過剰に排出して脱水になりやすくなってしまいますが、ノンアルコールビールにはアルコールが入ってないのでホップのいい効果だけを得ることができます。

肝臓に負担をかけない

当たり前ですが、アルコールが入ってないので肝臓に負担をかける事がありません。

普段飲み過ぎて肝臓を気遣ってる人でもノンアルコールビールなら安心して飲めます。

休肝日には最適かもしれないですね!

さいごに

ノンアルコールビールは健康に問題ありませんが、どんな物でも過剰摂取はよくありません。

また、GABAや食物繊維の摂取を目的とするなら、ノンアルコールビールよりも多く含まれてる食材はほかに沢山あります。

ノンアルコールビールはあくまでビール好きな人が置き換えで飲むもので、健康効果はついでくらいに考えておいたほうがいいでしょう。

あと注意しなければいけないのは、通常のビールに似ているので禁酒してる人にとっては再飲酒のきっかけになる可能性があります。

ちなみに僕は禁酒中ですが、どうしても酒が飲みたい時はノンアルコールビールを飲むことで満足できてます。

-お酒