より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

生活

Amazonの荷物が届かない?配送業者がデリバリープロバイダの場合

最近アマゾンの配送業者で「デリバリープロバイダ」というのが少し話題になっています。

このデリバリープロバイダって結構評判が悪いみたいで、

 

荷物が届かない!

 

という声を多く聞きます。

ほかにも、「不在票がない」といったクレームも多いみたいですね。

 

私もアマゾンで商品を注文した後に配送業者を確認したら「デリバリープロバイダ」になっていて、その時にちょっとだけ面倒な事をしました。

スポンサーリンク

いくら待っても荷物が届かない!

私は特になにも考えずに「お急ぎ便」で特に日時指定をしないで注文をしました。

今回は、土曜日に注文したので、配達予定日は日曜日です。

「明日は予定がないから何時に届いてもいいや」と思っていたんですが、

 

日曜日の21時を過ぎても届かないんです

 

配送状況を確認しても、ずっと配達中のまま。

ヤマトとか佐川だと21時が一番遅い配達時間ですので、普通に考えて「デリバリープロバイダ」も21時までには配達してくれると考えていたんですが、それがそもそも違ったみたいです。

デリバリープロバイダに問い合わせてみる

Amazonのヘルプ&カスタマーサービスのページに配送業者への連絡先が書かれていたので、手っ取り早くデリバリープロバイダ電話することにしました。

アマゾンのヘルプ&カスタマーサービスのページはこちら

ちなみに、ここに書かれているデリバリープロバイダのフリーダイヤルの受け付け時間も21時までとなっています。

じゃあ配達時間だって21時が最終だと思うのが普通ですよね。

早速電話をかけてみたんですが、ずっと話し中で繋がりません。

30分ほど粘ってみたんですけど、どうしても電話を繋げることができませんでした。

まぁ、12月だから繁忙期ということもありますし、元々評判がよくない事からクレームも殺到しているんだろうなと思いましたね。

アマゾンに直接問い合わせた

デリバリープロバイダのフリーダイヤルが繋がらないなら、Amazonに直接問い合わせるしかありません。

アマゾンのお問合わせページはこちら

このページから注文した商品に対する様々なお問合わせをアマゾンに直接することができます。

お問合わせ内容で「商品のお届け、受け取りについて」を選ぶと、メール、電話、チャットのどれかから問い合わせ方法を選ぶことになりますが、今回私は電話を選びました。

さらに、「今すぐ電話がほしい」と「5分以内に電話がほしい」のどちらかを選ぶことができますが、「5分以内に電話がほしい」を選びました。

3分くらい待ったら、アマゾンから電話がかかってきたので、荷物が21時過ぎても届かない事を伝えたんですが、ここで始めて「デリバリープロバイダ」の配達時間を知りました。

デリバリープロバイダの配達時間

アマゾンに直接問い合わせて教えてもらったデリバリープロバイダの配達時間は、

 

東京23区なら22時まで

 

ということでした。

 

アマゾンからは22時まで待ってもらって、それでも届かない場合はもう一度連絡が欲しいと伝えられました。

デリバリープロバイダが配送業者に選ばれた場合は「とりあえず22時まで待つ」必要があるみたいです。

そう言われたら待つしかないので、とりあえず22時までは待つことにしました。

そして、結局荷物が届いたのは21時50分頃

「夜分遅くにすみません」という謙虚な姿勢で届けてくれましたが、「ボールペンを車に忘れたんで適当にサインしておきますね」という、ちょっといい加減な部分もある業者でした。

デリバリープロバイダを避ける方法

やっぱりヤマトが安心できるからデリバリープロバイダは避けたいと考える人は多いみたいなんですが、

 

デリバリープロバイダを完璧に避ける方法はない

 

みたいです。

注文時に「お急ぎ便」ではなくて「お届け日時指定便」を選べばデリバリープロバイダに当たる確率が減るみたいですが、これも確実ではないみたいですね。

さいごに

今回の件で思ったのは、

 

アマゾンの対応早すぎ!

 

という事だけですね笑

お問合わせ方法で「5分以内に電話がほしい」を選んで、本当に5分以内に電話をくれたアマゾンの対応は素晴らしいと思いました。

デリバリープロバイダが配送業者に選ばれたのは今回が始めてでしたが、個人的にはそこまで悪くはなかったかなと。

今回は、配達時間が22時までというのを事前に知らなかった私が悪かっただけですからね。

ただ、やはりインターネット上での評判はあまり良くないみたいですので、できればヤマトに配送してもらいたい所ではありますね。

そして今後、もしデリバリープロバイダで荷物が届かない場合は、デリバリープロバイダに問い合わせるのではなくて「アマゾンに直接問い合わせる」のが一番かなと思いました。

12月という繁忙期なのに、待ち時間1分以下で電話が繋がるアマゾンは凄いです。

この記事のカテゴリ一覧はこちら>> -生活