より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

ドラクエ10

ドラクエ10 スコルパイド3を野良で攻略・討伐のポイント

10月24日に聖守護者の闘戦記 第2弾が実装されましたね。

今回のボス「スコルパイド」ですが、レベル1や2はともかく、レベル3の討伐に苦労してる人は多いんじゃないでしょうか?

そんな私も、実装されてから3回目のレベル3の時にようやく討伐できました。

ちなみに私は「まものつかい」で討伐したので、主にまものつかい向けの記事になっています。

スポンサーリンク

スコルパイドの特徴

聖守護者の第2弾「スコルパイド」は、前回のレギルラッゾ&ローガストとは全く異なるボスになります。

今回のスコルパイドは、常闇のメイヴを強化したようなボスだと感じました。

というのも、スコルパイドは避けられる範囲攻撃が多く、ちょうどメイヴのショックウェーブや魔蝕、威圧に似たような攻撃をしてくるからです。

メイヴと大きく異なるのは、真やいばが入らない事と使ってくる技が増えた事です。

特に、真やいばが入らないというのが大きな違いなので、スコルパイドの攻撃を耐える為に「まものつかい」を入れた構成が主流になっています。

戦士2人の構成でも討伐している人はいるみたいですが、かなり上級者向けらしいのでおすすめはできません。

野良で討伐を狙っている人はおとなしく「まものつかい」を入れた構成で挑む事をおすすめします。

また、スコルパイドの範囲攻撃を避けられない(避けているつもりなのに当たる)人では討伐が難しいので、まずはレベル1や2で完璧に範囲攻撃を避けられるくらいに練習したほうがいいと思います。

スコルパイドに必要な耐性や装備

スコルパイドに必要な耐性は、全職共通して

 

毒と即死

 

です。

他の耐性は必要ありません。

まものつかいの装備は、

  • 族長セット
  • トライバルセット
  • トーテムセット

このどれかで、指輪やネレウスマスクなしで毒ガード100にしましょう。

どの装備もそれぞれ長所がありますので、白宝箱やゼルメアで毒装備が出たものを基準に揃えればいいと思います。

まもの使いはツメで攻撃しますので、もちろんツメは最新の装備を使います。

ツメの錬金効果を、こうげき力か会心か迷う所ですが、料理なしで攻撃力500程度あればどちらでも問題ありません。

ただ、個人的には「かいしん錬金」をおすすめします。

なぜかというと、スコルパイド戦ではAペチを使う場面もあるのと、(Aペチはかいしんが出やすい)ガジェットやレボル中のかいしんのダメージは重要だと感じたからです。

スコルパイド3討伐のおすすめ構成

現在主流の構成は、

  • まもまもどうぐ賢
  • まもまもバト賢
  • その他

ですが、私はどうぐつかいを入れた構成をおすすめします。

どうぐつかいを入れた構成はなんだかんだ安定しますし、どうぐつかいの「さみだれうち」はかなり強いです。

ちゃんと装備を揃えたどうぐ使いなら、さみだれうちで800程度のダメージを与えることができますので、バフの入っていないまものつかいのタイガーより強いくらいです。

加えて、ガジェットやレボルもあるので瞬間火力も出せますしね。

バト構成もいいんですけど、範囲攻撃の巻き込みでPTが壊滅するパターンが結構多いです。

スコルパイド戦の立ち回り

まもの2構成では常にHPリンクを使う為、リンクしている人同士が同時にダメージを受けないようにします。

どうぐ構成だと、前衛と後衛である程度リンクしている人同士が離れていますが、バト構成は前衛が3人なのでクロススコルピオや死毒は特に注意しましょう。

そして、前衛も後衛も共通して重要なのは、

 

範囲攻撃などを避けた後は元の位置に戻ること

 

です。

 

前衛2人は壁を意識して敵の範囲攻撃は確実に避けていきますが、ウェーブなどを横に避けても「元の位置に戻る」です。

横に避けたまま壁に戻らないで攻撃を続けてはいけません。

前衛がうまく壁をできて範囲攻撃に当たらなければ後衛もラクになり、結果PTが安定します。

逆に後衛の賢者やどうぐつかいも、スコルパイドの体をまものつかいに引っ掛ける感じの立ち回りをするといいと思います。

ちなみに、アメを食べているのに絶に当たるのは論外です。

常にジャンプしながら戦ってもいいくらいですね。

攻撃のしかた

スコルパイドは2回行動(名前が赤からは3回行動)をしますので、こちらが特技で攻撃するタイミングは後出しで2回目や3回目の攻撃の後か、スコルパイドが大技を使ってきた時です。

スコルパイドの1回目の攻撃後にライガーや不死鳥など攻撃時間の長い行動をしてしまうと、その後の攻撃を避けれませんので注意しましょう。

なるべく1回目の攻撃か2回目の攻撃かを数えながら戦闘するといいんですが、慣れないうちはクロススコルピオなど敵が硬直の長い技を使ってきた後に特技で攻撃して、他はAペチや様子見でいいくらいです。

無理に攻撃して範囲攻撃に当たってしまうほうがよっぽどタイムロスになりますからね。

ザオトーン・アビス

ザオトーン・アビスがきても焦らないで立ち回ります。

前衛のまもの2は動き回らずに壁を続け、どうぐつかいは雫を使い、賢者はきせきの雨を使います。

バト構成の場合はあらかじめ雫を使う人を決めておきましょう。

床の雷ダメージは、きせきの雨があれば無視してしまいます。

床の雷を意識していると変な動きをしてしまったり、敵の範囲攻撃を見逃してしまうからです。

アビスで重要なのは発動直後のきせきの雨と雫なので、その後は通常時と同じ動きでいいと思います。

雫は必要であれば2回くらい使っておくといいでしょう。

ターンエンドについて

スコルパイドはターンエンドで熱波か覇軍の法を使ってきます。

ターンエンドをツッコミで避けることも可能ですが、現在主流のエンド処理は前衛のまものがエンド攻撃発動前にわざと壁を外すか、タゲられた人がエンド前にわざと当たりにいく方法です。

私はあまり詳しくありませんが、前衛が壁を外す方法だとデメリットもあるようなので、タゲられた人が当たりにいく方法が無難だと思います。

当たりに行くタイミングは大体まものが3回攻撃した頃ですね。

勝てないPTはこんなPT

  • 範囲攻撃に何度も当たる
  • 壁が成立していない
  • アビス突入直後に雫やきせきの雨が間に合っていない
  • HPリンク切れ
  • リンクしている人同士が同時に死毒などを食らう

どれか1つでも当てはまるなら討伐は厳しいので、注意点はありますけど最低限こうならないようにしましょう。

討伐できる時って、死人がほとんど0に近い事が多いんですよね。

さいごに

スコルパイドのまものつかい構成は誰か1人のミスで全てが台無しになってしまいます。

赤までいけても、1つのミスで一瞬で全滅します。

 

何度も書きますが、重要なのは

 

避けられる攻撃は避けて周りを巻き込まないこと

 

です。

 

それと、討伐できない人は勝てないのを周りのせいにしないで、「自分にも悪い所があったんじゃないか?」と考えたほうがいいです。

自分のミスが目立ってきたら一旦休憩して、集中力を高めてから挑みましょう。

 

スコルパイドって現在はまものつかいでHPリンクを使うのが主流ですが、今後はレベルの上限解放や装備の追加でもっと色々な構成で気楽に討伐できるようになるんじゃないでしょうか?(いつかは分かりませんが…)

すでにある戦士2や遊び人を入れた構成はもちろん、幅広い職で今後も楽しめるボスだと思います。

この記事のカテゴリ一覧はこちら>> -ドラクエ10