より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

ドラクエ10

ドラクエ10 ゴースネル攻略!サポのみで討伐する場合は戦士2の物理構成

ゴースネルで苦労してる人って結構いるみたいですが、サポ3でも物理構成なら問題なく勝てます。

私はレベルの上限が93の時からずっとゴースネルはサポで討伐していました。

もちろん肉入りのパラ魔構成はラクなんですが、どうもゴースネルを持ち寄りでやる気にはなりませんでした。

スポンサーリンク

構成

おすすめの構成は、戦士、戦士、旅、僧侶。

もしくは戦士、戦士、賢者、僧侶ですね。

 

自分自身は戦士か僧侶のどちらかをやります。

旅のかわりに自分が占いをしても問題はないですね。

 

この構成の中で、もっとも安定するのはやはり自分が僧侶です。

 

雇うサポは片手剣の戦士で、毒以外の耐性はなるべく完璧なサポを選びます。

毒耐性もあればなおいいんですが、そこまで耐性が完璧なサポはまず見つかりません。

 

マヒ・封印・混乱ガードは必須ですね。

 

サポで賢者や僧侶を雇う場合は、なおさら耐性には気をつけたほうがいいですよ。

僧侶が混乱や封印なんてされていたら話になりませんからね。

 

いいサポを見つけるのに時間がかかる事もありますが、ゴースネルは耐性が命です。

戦い方

戦士操作の場合

まず、開幕の真やいばは先にサポに打たせます。

じゃないとヘタしたら被る可能性がありますからね。

 

立ち回りとしては、なるべくバラけて戦うことです。

じゃないと、牙王閃で全員瞬殺される恐れがあります。

 

適当にバラけながら、ひたすらはやぶさ切りを繰り返していればそのうち黄色になります。

 

もちろんチャージタックルや不死鳥天舞なども使いますが、チャージタックルはゴースネルに結構有効なので、ピンチの時にとっておくのがいいかもしれません。

 

もしサポが死んでしまったら、葉っぱだけは積極的に使いましょう。

サポの僧侶にはできるだけ蘇生をさせず、行動ターンには余裕を持たせいからです。

 

基本的にはこれだけで6~7分くらいで討伐可能です。

 

アイギスの守りも入れといたほうがいいですが、そこまで必要に感じません。

真やいばが入っていなければ、死ぬ時は一撃で死にますからね。

それよりも、一発でも多く攻撃をして早く倒すことのほうが重要です。

 

最大のポイントはバラけて戦うことです!

 

1人殺されただけなら立て直しは余裕ですが、3人まとめて殺されると一気に劣勢になりますからね。

これで倒せないならサポの選び方(耐性)に問題があるとしか思えません。

僧侶操作の場合

まず、開幕にサポの戦士が真やいばを入れるまでのあいだ、数秒回復に専念して耐えます。

その後、天使と聖なる祈りは入れますが、その時にサポの後ろにいると牙王閃で死ぬ恐れがあるので、使う時は注意が必要です。

前半は真やいばさえ入っていれば戦士は中々死にませんので、スクルトや聖女をまく時間が十分にあります。

前半の回復は旅芸人のハッスルダンスや賢者に適当に任せていても大丈夫なくらいですね。

 

特に難しいことは何もなく、これで間違いなく黄色までは安定しますね。

更に余裕があれば黄色になる手前くらいでアイギスなどで固めておくといいかもしれません。

 

黄色以降はスクルトなんてしているヒマはなくなります。

 

最優先は自分自身はなんとしても生き残ること。

 

天使はもちろん、聖女や女神も常にかかっている状態にしておきましょう。

ファランクスを使うのもおすすです!

自分がタゲられたらサポを壁にして逃げます。

 

次に死んでしまったサポの蘇生。

戦士が死んだままだと真やいばやチャージタックルがないのはもちろん、無駄に戦闘が長引いてキツくなります。

 

次にサポへの聖女です。

ベホマラーよりも聖女を優先してサポにかけます。

中途半端に回復したって死ぬ時は死ぬんで、それなら聖女のほうがマシですね。

ただ、無理に聖女をしに行ってサポと一緒に死んではどうしようもないので、最悪聖女はかけずに戦士が死んだらザオラルの繰り返しでもいいです。(後半の戦士は使い捨てです)

ザオラルで復活した戦士がタゲられてくれれば無敵時間でターンが浮きますしね。

 

真やいばが入っていて、ワンパンに耐えられると判断できる状況ならベホマラーで満タンにしてあげましょう・

 

ちなみにサポが毒をくらっても放置です。

そんなもの治してるヒマはありませんし、キラポンのヒマもありません。

 

後半はいかに戦士に攻撃させるかがポイントですね。

 

回復は主に賢者や旅に任せながら、自分も様子をみてベホマラーを使うくらいで問題ありません。

 

ザオラルと聖女とベホマラーをバラけながら使っていれば、遅くても7分前後で討伐できます。

 

それと、僧侶を操作する時はサポを信頼することが結構重要です。

「味方のHPが減ってるベホマラーしないと!」なんて急いでベホマラーするとサポと被ります。

サポがベホマラーやハッスルを使った後に補助的に使うくらいでいいです。

 

ただし、ザオラルだけは被ってもキャンセルする必要はありません。

蘇生が被った場合はサポが勝手にザオラルをキャンセルして回復に回ってくれます。

 

あとは、余裕があればマホトラのころもやアイギスを使っておくと更に安定すると思います。

占い操作の場合

占い師を操作するときは、力と皇帝と審判と運命を多めに入れます。

 

三悪魔で戦車の連発だけできれば、ほかに攻撃タロットは必要ありません。

あとは適当にタロットをまくだけですね。

 

私はあまり占いでゴースネルはしないのでどの程度効くのか分かりませんが、月のタロットで幻惑を狙うのもありだと思います。

 

あと、タロットって発動までが地味に長いんで、あまり適当な位置で使うのはおすすめしません。

ミケを入れておいたほうがいいでしょう。

ゴースネル討伐のポイント

ゴースネルにサポで勝てない人は、たぶん牙王閃で串刺しにされているんじゃないでしょうか?

もしくは、肉入り同様で自分がパラをしてみたけど、サポが思うように動かなくて負けたり。

あとはそうですね、耐性がないから混乱やマヒばっかして話にならないとか。

 

物理でゴースネルを討伐する時はバラけて戦うのが基本です。

 

構成は、戦士、戦士、旅(賢者か占い)僧侶が安定ですね。

 

この中でもバイキがある旅入りが一番おすすめです!

理由はもちろん討伐までが早いし、占いはサポで雇えませんからね。

 

ゴースネルは戦闘が長引くと本当にキツくなるだけです。

長期戦になってMPを回復しなければいけない状況になるのが最悪ですね。

 

闇の衣やテンションバーンなんかも全部無視。

死ぬ時は死ぬと割り切って、蘇生に全力を尽すのが重要です。

 

そして、自分が戦士の場合は常に1人で死にましょう。

バギムーチョなんかも自分がタゲの場合はできるだけ離れてください。

 

おぞましいおたけびや、はげしいおたけびは避けるのがベストですが、最悪全部くらっても勝てます。

サポは適当に避けてくれますしね。

 

本当にたったこれだけでゴースネルはほぼ安定して勝つことができます。

難しいテクニックなんかは特に必要ありません。

 

暇があれば今回書いた内容で練習札でもやってみてください。

サポのみでもわりと簡単に勝てますよ!

あと最後に、全員金ロザを装備してくださいね。

「まだ一個も金ロザもってないよ」って人は銀ロザでもいいんで付けてください。

サポの戦士で忠誠のチョーカーをつけているのは論外です。

この記事のカテゴリ一覧はこちら>> -ドラクエ10