より良い生活を送る為の情報サイト

The Good Life

*

The Good Life

- より良い生活を送る為に -

お酒 禁酒

私がアルコール依存症になってしまった原因を考えてみた

お酒を飲んでもアルコール依存症になる人とならない人がいますよね。

アルコール依存症の私の考えは、毎日どれくらい酒を飲んだらアルコール依存症なの?アルコール依存症とは?に書きましたが、要は日常的にお酒を飲まないと生活ができない状態がアルコール依存症という事です。

お酒を飲んでもアルコール依存症にならない人は、お酒を飲まなくても問題なく生活を送れる人です。

 

じゃあアルコール依存症の人はなんでお酒を飲まないと生活ができなくなったのか?

 

これはもちろん人によりますが、あくまで私の場合を書いていきます。

スポンサーリンク

酔っ払うという快楽

酒を飲んだら誰だって酔っ払って良い気分になりますが、多くの人は酒を飲んで酔う事以外にも楽しみを持っているから、普段お酒を飲まなくても生活ができているんです。

でも、私の場合は日常生活の中で、「酔っ払う」という行為以上の快楽を感じていませんでした。

というよりも、お酒を飲む事くらいしか生きていて楽しみが本当になかったんです。

私の人生の中ではそれが最高の快楽で、しかもお酒なんて簡単に手に入るものですから、日常的に手を出さないほうがおかしいんですよね。

そして、お酒を唯一の楽しみにしている人生を数年送っていると、次第にお酒を飲まないと生活できない体になってしまうんです。

  • お酒を飲まないと眠れない
  • 昼間に手が震える
  • 食欲がない

脳が快楽を求めるだけじゃなくて、体がお酒を求めるんです。

まぁ、体の変化はお酒を飲み続けた結果としてあるだけなので、アルコール依存症になった根本的な原因の一つは、

 

日常生活で、お酒以上の快楽を見つけられなかった

 

ことだと思います。

 

これって今考えると恐ろしいことで、もし覚せい剤や麻薬に手を出していたらそっちに溺れていたことでしょう。

ストレスや怒り

普通の人って、怒りやストレスの発散ってどうしてるんでしょうか?

 

私の場合は、とにかくお酒を飲んで酔っ払うことでした。

 

私は、基本的に怒りやストレスを感じてもそれを表に出すことはありませんし、誰かに愚痴ったりすることもありませんでした。

怒りやストレスを感じても全部自分の中で必死に抑えて、お酒を飲むことでなんとか忘れるようにしていました。

毎日なにかしらで怒りやストレスを感じていたので、それを解消するには日常的にお酒を飲んで酔っ払うしかなかったんです。

 

なので、

 

怒りやストレスの解消方法を知らない

 

これもアルコール依存症の原因かなと思っています。

 

では、お酒を飲んでいない禁酒中の今はどうしているのか考えたら、

 

そもそも日常的に怒りやストレスを感じることが少ない

 

という事に気づきました。

 

アルコール依存症だと自覚した頃は、毎日が耐えられないストレスの連続でした。

もう、朝起きて仕事に行くという当たり前の事が自分の中では耐えられない事でしたからね。

 

でも、今は耐えられないほどの大きなストレスを感じるのはたまにあるだけですので、その時だけ必死に我慢です。

ちなみに、私は怒りやストレスを感じたら、その原因を禁酒の材料しています。

ストレスや怒りって他人に対して湧いてくる事が多いんですけど、そんな時は、

 

お前になんか負けない!いつか見てろよ!

 

みたいな事を心の中で思って、(本当はもっと汚い言葉を思い浮かべていますが笑)禁酒を続けるモチベーションにしているんです。

それこそ、そこでお酒に手を出してしまったら負けを認めるようなものですからね。

むしろ、禁酒のモチベーションを上げてくれて感謝ですよ。

 

そういえば、過去に禁酒時の最大の敵はストレスという記事も書いていました。

やはり、自分の中でストレスとお酒は深い関係があったみたいですね。

私のようにストレスを理由にお酒を日常的に飲む人は、ストレスの原因から離れるのが一番ですよ。

さいごに

私がアルコール依存症になった原因は、

  • 酒以外に楽しみがない
  • 日常的に怒りやストレスを感じていた

他にも暇な時間だったり、寂しさだったり。細かい原因は沢山ありますが、特にこの二つが大きい気がします。

 

そうやってお酒を飲み続けているうちに、

  • お酒を飲まないと眠れない
  • 昼間に手が震える

こういった体の異常が出てきて、お酒を飲まないと日常生活が送れなくなったんです。

私はそのまま飲み続けて、気づけば白目が黄疸で黄色くなり腹水が溜まって肝硬変。

そして現在は禁酒といった流れですね。

ここまでいきたくなかったら、まずは自分がアルコール依存症であることを認めて、その原因を考えてみるといいですよ。

-お酒, 禁酒